LOADING

LOADING











































コミックス情報

明治従属タングステン 上

明治従属タングステン 上

――闇を照らす、淡い光。
――明治末期。日露戦争後の日本は、電力需要が増加していた。
ヨーロッパで学んだ技師の佐伯亮二は、地方の水力発電所の計画技師として参画し、忙しい毎日を送っていた。
若く美しい技術者というだけでも目立つ存在だった佐伯だが、常に傍らに置いている異国の大男・エドワードの存在が、一層人々の耳目を集めていた。
エドワードとの出会いは2年前。“言葉も話せぬ阿呆の人夫”として働いているエドを見つけ、世話してやったのが始まりだった。
エドは従順な僕として佐伯を敬愛するように。そして、佐伯の胸の内に、ある男がいるのを察しながら、ついには肉体関係を結んでしまい――。

作者のその他の作品