LOADING

LOADING

応援コメント

感想や先生へのメッセージをお寄せください♪

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

注意事項
※フルール応援コメントは広告にも使用させていただくことがありますので、ご了承ください。
※応援コメントが掲載されるまで数日かかる場合があります。
※内容の一部を編集したり、掲載を見合わせたりする場合があります。予めご了承ください。
※機種依存文字や絵文字は使用できません。
※編集部へのご意見はお問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせフォーム https://www.kadokawa.co.jp/support/
  • 毎回楽しみに読んでいますが、「健康でいておくれ」の一言に胸がきゅっとなりました。すごく好きなシーンのひとつになりました。これからも二人や、その周りの人々の人生がどう描かれていくのか、楽しみにしています。
  • 21話で頬染めながら嬉しそうに貫田さんと会話する久慈さんに、私の心は穏やかではありませんでした。朔太郎に共感しすぎて辛くて切なくて、22話を待つ時間の長い事長い事!でも、22話で、それは久慈さんの初恋の名残りであり、揺るぎない朔太郎への想いを確信しホッと安心。結婚指輪は気になるけれど、きっとそれも二人な繋がりを強くするエピソードになることでしょう。かもめ先生大好きです!
  • 静と朔太郎の日常が唯々眩しいです。
  • 久慈の失恋の話とお父さんの本のこと、いろいろあったのに最後の吾妻の「健康でいておくれ」に全部持ってかれましたー!!日常のこんな一言がとてもとても心に染み入り、少し寂しいような堪らない気持ちになってしまいました。
  • 更新ありがとうございます
    久慈さんの首痛そうでした
    でもその弱っている姿がますますセクシー
    吾妻さんの茶化しながらも
    久慈さんを大事に思っているところを丁寧に描いていただき嬉しいです
  • はぁ〜♡
    今回もまた大人なふたりの大人のストーリーが最高でした!
    「健康でいておくれ」
    朔太郎のこの言葉、響いた〜
  • 先生、更新ありがとうございます。
    久慈さんの初恋話に入る前は、やだやだ、
    朔ちゃんとの間に波風たたないよね?たたないよね?と、心配しましたが、
    ほほえましい思い出話でしたので、安心しました。
    朔ちゃんと静さんは、器もそれなりの大人ですけれど、もう、あんまり苦しい思いはしてほしくないとも思ったりしてます。
    受け入れたり、受け止めたりする器があればこそ、受け入れてしまって疲弊することもあるのが、アラフォーかも。

    静かさんをいたわる朔ちゃんが、カワイくて、
    キュンキュンしました。

    ところで、朔ちゃんは、萩原朔太郎からのネーミングだったりします?

    静さんと、朔ちゃんを、
    ずっと見守りたい!
    毎回、楽しみでしかたありません。
  • いつもながらの素敵なエピソード、ありがとうございます!読めば読むほど二人の事を好きになってずっとその様子を眺めていたくなるとても魅力的な作品です。これからも楽しみにしています。
  • 2人の関係が本当に好きです。
    とてもリアルで、カッコつけ過ぎず
    お互いを大切に思いながら
    日々、色んな事に追われながら過ぎていく感じがとても親しみを感じる。
    いつまでも2人が健やかに 一緒に居られると
    良いなと思いながら読ませて頂いてます。
    続きも楽しみにしています。
  • 更新楽しみに待っておりました。ありがとうございます!

    22話、ジリジリと心を寄せ合ってる雰囲気がとても好きです。
    コミックになったら絶対購入します!
  • 先生、こんにちは。
    大人の速度、湿度、温度、素敵です。
    素直になりたいのになれなくて、可愛くいたいのになれなくて。そんな2人を見せてもらえるのが楽しみです。
    まだまだ寒い日が続きますがお身体ご自愛ください。応援しております。
    いつもありがとうございます。
  • 毎回同じ事言ってて申し訳ないですが、本当に久慈と朔の2人のまったりとした大人な雰囲気や会話等が大好きです。読んでいる私の方が色んな感情がいったりきたりして忙しく読んでいる状態です。まだまだこの2人がどうなっていくのか分からないですが、ず〜っと見守っていけたらと思います。どうか2人が幸せに2人一緒に歳を重ねていけますように。あとは朔が翻訳コンテストで結果出してデビューに近づけますように。
  • 22話、ありがとうございます。
    嘘がつけない、暴いても真に受けない。大人の大事の仕方は難しいけど、掛け替えのない時間は守る。2人の幸せを願っています。
  • 少年静くんの切ない片思い(だったのか?いや、もしかして!)のお相手が、イケオジになって目の前に現れたら、朔太郎くんもヤキモチ焼きます。でも、二人の穏やかな日常を乱されませんように。スモブル大好き、波真田先生大好きです!
  • 配信される日が楽しみで仕方なかった。
    最近、自分が朔ちゃん側になって作品を見させてもらってるから
    朔ちゃんが、安定してると私も安定する笑
  • 毎回更新が楽しみです。少しずつ明るいブルーに近づく感じ。大好きです。
  • キュン以外の魅力もいっぱいで、笑って泣いて考えてときめいて…心がいっぱい満たされます
  • 嫉妬する朔太郎…少しずつ彼なりに気持ちを伝えているのがいじらしくてニヤニヤしてしまいます。

    2人の日常が本当に大好きで、いつまでも見守っていたいです。
    波真田先生、ずっと応援しています。
  • 更新ありがとうございます。
    今、一番の楽しみが、この作品です。

    静と朔ちゃん、どうか幸せでいてほしい。

    何気ない日常が、
    どれほど有り難く幸せな事であるか、
    二人が教えてくれましたから、
    その二人には、本当に何気なく幸せでいてほしいのです。

    大好き。ほんと、大好きです。
  • 吾妻が嫉妬してるのすぐ分かっちゃいますね。嫉妬してるか聞かれてからの返しもDKみたいで可愛い。いつも2人のまったりした雰囲気に癒されます。この2人がどこに向かってるか、どうなっていくか分かりませんが、ずっと一緒に過ごして欲しいです。吾妻も久慈も大好きです。
  • いや、もうなんだろ、すべてが尊いです✨
    2人の何気ないやりとりに愛❤️を感じられて、こちらも幸せになります。ありがたや〜。
    ずっと見てられる〜
  • やっぱりいいな2人の関係が
    言葉は少なくても2人それぞれが愛おしく感じる態度、行動、そして一言がたまらんです。
  • 久慈ファンなのでポニーテール姿を
    久々に見られて嬉しかったです。

    報告と了解のあと
    軽くキス...で、
    気持ちを確かめ合ったのかなと思ったら
    21話でしっかりとぎゅっと抱擁していたのでなんだか安心しました。
    (嬉しいよね、久慈も!)

    朔ちゃんと久慈くんのラブとライフを応援してます!
  • 更新ありがとうございます。
    コミック4巻も購入させて頂きました。

    あたたかな二人のやりとりに、
    涙出ちゃいます。

    うーんと幸せになってほしい。

    先生も、お身体ご自愛下さい。
  • 4巻読みました!朔ちゃんが素直になってきてて、あったかい気持ちなりました〜泣
    朔ちゃんが素直になってきてるからか、久慈がクールに感じて、もっとラブな対応を求めちゃいます、、や、今まで通り、朔ちゃんを想ってるのはわかるんですがね^_^
    こちらも何だかもどかし〜なぁ、早く告白になってくれるといいなぁ⭐︎

    余談ですが、2人ってすごいできる人ですよね。翻訳に元MR‥。自分がコメディカルで働いてて、MRの方とも接することがあるので、知識・プレゼン力、色々必要な仕事。朔ちゃんとかめちゃ軽いのに実はエリートってのがまたいい〜。
  • いつも読んだ後胸が暖かくなります。二人と同い年です。色々なことが刺さります、、人生って複雑で面白いなと。描いてくださってありがとうございます。これからも毎話楽しみにしています。寒くなってきましたのでお身体ご自愛くださいね。
  • 【好きだよ】が、ケーキに向けてではなく蒴に向けての【好きだよ】って思いました。優しく愛のある2人のやりとりにホッコリ✴︎

    とても大好きな作品です!
    先生、素敵な作品をありがとうございます♪
  • ちょうど先程4巻を読み終えたばかりで、胸がきゅーーっとなっていた所です。
    自分の中で、絶対に読んで欲しい響く作品殿堂入りしております。
    本当にリアル。周囲の状況、自分の環境、悩みなど。翻訳に関しては全く知識ないので、その部分でも勉強になるし面白いです。でも、面白いよりもヒューマンドラマを観ている様で熱くなります。エロを全面に押し出してる訳ではなく、その行為は心境を表す手段というか、、、
    同世代なんで余計に色々と沁みますね。
    本当に4巻も素晴らしかったです。
    ありがとうございます。
    21話も読めて嬉しかったです。
    早くも5巻が待ち遠しいです。
  • 4巻買いました。さくちゃんと静ちゃんの距離が近くなってきて嬉しいです。
    報告ではなく、静ちゃんからの告白にならないかなと首を長くして待っています。
  • 2人の関係、季節が移ろう中の日常の出来事。
    散りばめられた、美しい言葉たち、表情、
    周りの人達との関わり。
    すべてに愛しさを感じます。
    丁寧に何度も読みかえしたい作品です。
    ありがとうございます。
    これからも、楽しみにしています。
  • 好きです。
    本当に好きです。
    コミックス買いました。次も買います。
  • 毎話、心に染み入ります。
    人生が凝縮されている……
    生きる糧です。ありがとうございます。
  • 久慈41歳!

    ハッピーバースデイ!!

    何となく、久慈と吾妻は漠然と「現代のアラフォー」なのではなく、1970年代終盤~1980年代初頭の間のピンポイントで「19XX年生まれのアラフォー」なんだろうなという気がしていたのです。吾妻の高校時代にバー○ーリーぽいマフラーや、外はね髪の女子高生が登場したりするので。


    ほぼ同年代としては、自分と同じ時代を生きて来た二人なのだなぁーと思いより親しみがわくのでした。


    ノスタルジックな久慈家が取り壊されてしまい寂しいですが、引っ越し後の二人は萌え度が更に高まっていていい感じ。

    これからも連載を楽しみにしています。
  • もうすぐですね!コミコミさん予約してます。電子はシーモアで決まりです(≧∇≦)早く読みたい!!
  • 先生のXを見て、ちょい見せに戻ってきました・・・!これ気づかない。
    しずかちゃんの、ちょっとダメなトコ!
  • 更新ありがとうございます。
    本当に心待ちにしておりました。

    ラストの静さんのお誕生日の下りは、
    ほのぼのしてるのに泣けてきました。

    ささやかだけど、穏やかであたたかな日常は、
    当たり前ではないことを、叙情詩のように
    二人が教えてくれています。

    コミック4巻も楽しみにしてます!
  • 21話前編
    前後編なんですね。
    否応なしに変化は訪れる。いい変化と寂しい変化。見た目は変わらないけれど、確実に変わっていくものもある。少し本音を出したあのとき、承知してくれたけど、もどかしい。
    祝ってあげたい気持ち、よくわかります。後編も楽しみにしています!
  • もぅ、ほんとに好き❤️
    この雰囲気、ふたりのやりとり、何気ない日常、変化、全部好きだわ〜
  • 21話前編を拝読しました。
    季節とともに吾妻もほころんでいくようなあたたかな回でした。穏やかな日常に幸せを感じます。
    前回までピリピリとした寒さのような、そこに久慈というぬくもりが染みるようなお話に涙が止まりませんでした。
    この2人が大好きです!
    歳を重ねても変わらないもの、変わっていくもの、2人の人生をこれからも見守っていきたいです。
  • 電子版のオススメで不意に拝読いたしましたが、とても素敵な作品で大好きな作品になりました。

    まだ連載続いてるようで、これから連載もおっていきたいです。日常の一コマが面白くて、ずっと続いて欲しい気持ちでいっぱいです。

    私自身英語を勉強しているので、翻訳のお話もすごく面白く、翻訳監修がついてることから、信頼性もあるので、勉強にもなっています。

    次のお話も楽しみにしてます!
  • Youtubeで拝見してこの作品に魅入られました。
    それから何度も見返して、電子書籍も購入して何度も読み返しています。
    ふたりの関係が愛おしくて温かくもあり、切なくもあり、また何度も読み返して、穏やかな気持ちにさせてくれます。
    言葉足らずで上手く伝えられませんが、
    今後も楽しみにしております。
  • 久慈が納得してる時って「そうだな」って言いそうだけど、朔太郎に「適度な距離、関係がいいよね」と言われて、どことなく浮かない表情で短めに「うん」と答える。久慈が朔ちゃんとどういう関係を望んでいるのかはわからないけど、昔から大好きで適当な関係を望んではいないはず。
    だから「ずっと一緒にいたいと思ってる」と言われて、嬉しかったに違いない。そこをストレートな言葉ではなく、次にソファーを買い替える時の話で応えるのが静ちゃんらしくて、普段クールなのに、楽しみなことに対しては気が早くなっちゃう性格が、ここにも垣間見えて何だか可愛い。
    朔ちゃんのちょっと呆れつつ愛おしそうに笑って「何年先の話だよ」、ここの2人のやり取りがなんと尊いことか。
    最終回でもいいくらい、このままずっと2人が幸せでいてほしい。だけど、もっと見ていたいので続きもどうかよろしくお願いします!
  • 20話更新心待ちにしていました!

    貫田さんに嫉妬する朔太郎と久慈のやり取り、一言一言に胸がキュッとなりました。
    いちいち確認したくなる朔太郎が切なくて、そして報告を静かに受けとめる久慈がまた良くて、最後の2人の表情に涙が出てしまいました。

    波真田先生、素敵な作品をありがとうございます。ずっと応援しています。
  • めちゃくちゃ素敵な作品に出会えて、感謝しています。絵も大好きだし、もちろんストーリーも♪1日に何度も読み返しています♡ハッピーエンドを願いつつ、永遠に終わってほしくない〜ずっと読み続けたい漫画です。波真田先生、これからも楽しみにしています!
  • 先生こんにちは、今月も素敵なお話ありがとうございます。12月のコミックスの発売日が待ち遠しいです。これからも応援してます。
  • 待ちに待った更新です。純文学を読むかのごとき、この作品が大好きです。コミック購入してますが、更新追いかけてます。
    今回、朔ちゃんが静に、想いを報告したコマには泣けました。
    私自身が、最近、ああ、今を大事にしよう、隣のこの人との日々にも限りがあるのだと、思い始めていたので。
    静さんの、それこそ静かなる思いは、朔ちゃんを変えたんだなあ。泣けます。
    可能な限り幸せでいてね。
  • 20話更新ありがとうございます!更新が待ち遠しい作品、コミック4巻発売も。
    「静」と名呼びする男(貫田)、初登場からずっとモヤモヤしていて再登場のシーンにさらにモヤモヤ。
    20話冒頭の「いつもそこにあったものがいつまでもあるとは限らない」←いや~~怖い~モヤっとする、もうこの後読み進めるのが怖くなっちゃって、
    波真田先生上手すぎ!!  朔ちゃんが堪らずに「元カレ?」久慈さん「既婚者だよ」、いやいや元カレ否定の言葉じゃなく、その言葉って。
    現在は大丈夫だと安心するけれど、過去に好きだったか、関係あったのかな。モヤッとするんで今後出てきてほしくないよぅ貫田さ~ん
    朔ちゃんが「ずっと一緒にいたいと思ってるよ」って久慈さんに伝えたの良かったな
  • 告白じゃなくて、報告。すっごく素敵な素直な気持ち。伝えるっていいですね。大人な2人のゆっくりした関係がものすごく好きです。このままずっと
  • 20話、ありがとうございます。
    沁みますね…心の底に薄っすらと溜まっていく喪失感。「約束は希望」本当にそうだと思います。久慈の「承知した」が、2人の関係と距離感を示していて、なんだか涙が出てきました。
  • 『朔ちゃんめちゃくちゃ愛おしい!』回だと感じています
    ギュッてしたい(語彙力!)

    アレキシサイミア当事者として朔ちゃんを見守っています
    本当に自分の感情がわからないんですよね、アレキシサイミアって
    さまざまな別れを経て、やっとたどり着いた静ちゃんがいないとさみしい、ずっと一緒にいたいという感情、大切にしてほしいです
    これからもドタバタはありそうですが、2人なら乗り越えられるはず!
    『むりすんなよ、さくたろ』
    でもきっとストッパーになってくれるんでしょうね、静ちゃんが

    ずっと見守っていきたい物語です
    応援しています
  • ついに朔ちゃんから告白が…
    「これは報告」なんて言ってたけど朔ちゃんらしい言い回しですね。
    それにしても静さんはいい男ですね。包容力もあって、浮気しないし。
    もう、朔ちゃんこれは最後の恋ですよ!いやもはや愛ですわ。
    離しちゃだめ。結婚という形はないけれど、こんな素敵な関係最高です。
    今回も素敵なお話ありがとうございました。単行本予約しました。届くの楽しみにしています。
  • 今回もなかなかに味わい深い。久慈のターン、からの二人の細やかな時間。
    当方50代ですが今一番読み応えのある長編です。先生ありがとうございます。
  • 今回もすこくすごく良かったです……
    お身体に気をつけて頑張ってください。
  • 20話も素敵でした!
    大きく深い久慈の愛に、ついに朔太郎の思いが追いついた感じがして感無量です。
    やきもちをやく珍しい朔ちゃんの姿、素直に言葉にした朔太郎に驚く久慈の顔、何もかもが胸に染みます。
    朔太郎えらいねー頑張ったねー
    春はもうそこまで来てるんですね。
  • はっ!引き込まれてしまった!
    ラストあたりで不穏な空気になるのかとドキドキしてしまった!
    雰囲気のあるこの展開、本当に波真田先生は天才だなぁ。
    いつのまにか、久慈のことを深く愛してしまっている朔太郎がたまらんなあ。もともと久慈は朔太郎大好きだろうから、久慈もとっても嬉しいはずだよね!

    二人で過ごす日々が平穏でありますように。
  • 大好きです!!!!!
  • 毎回更新を楽しみにしています。大好きな作品です。
    生活の中で迷うとき、寂しさを感じたとき、休息が必要なとき、あたたかさや安らぎを求めて単行本を何度も読み返してます。
  • 最後のシーンがすごく良かったです(泣)当たり前のように久慈が朔ちゃんをベッドの隣にいれて、抱き寄せるように‥ そりゃ「愛しい」を感じずにはいられないっ!

    2人の感じもすごく好きだし、2人と同じ年代なので、さくちゃんが感じたような焦燥感とか、介護のこととか、色々共感するとこも多く、大好きな作品です。
    続きを楽しみにしています。
  • ささやかだけど時に過剰、静かだけどうるさい日々を丁寧に描いているところがものすごく好きです。湿度があるのに乾いている感じ。ふたりが重なって行く度に、少しずつ軽やかに開放されていく…ほろ苦く時に甘く続く毎日の生活こそ大切なんだと気付かせてくれる作品です。
  • 凍える朝に、ようやく灯ったストーブの炎のようです。
    朝陽が雪に反射して小さなきらめきとなった光のようです。
    冷えてどうしようもないけど、温もりとひとつまみの光があれば、どうとでもなる。
    そんなことを思える作品です。

    もう4巻なのか、まだ4巻なのか。
    彼らの物語は昔から知っている気もするし、そうでない気もする。
    本当に大好きな作品です。
    読ませてもらって、ありがとうございます。
    続きも楽しみにしています。
  • 本当に気持ちがほんわかする作品で、人生ままならないながら二人の関係が本当に素敵で癒されました。うちもお互い尊重しあえたらと思うのですが、子供に旦那に10年居ても
    中々輪の接点を理解し合う関係性には難しく、なんだかんだと過ぎてしまっています苦笑
    素敵な作品をありがとうございます!どうかお身体に気をつけてこの先の二人の話をまた描いてください!!
  • 純文学を読んでいる気持ちになる、この作品が大好きで、コミック購入してますが、こちらで追いかけています。
    死に別れる事は、人生において逃げることが不可能な悲痛事。そこに吾妻を対峙させ、己を見つめさせ、受けとめ包み込む久慈さんの愛の深さと懐の大きさ。素直に委ねる吾妻の久慈への信頼。重すぎず、されど確かに読者の心に刻み込んでくる、波真田先生の漫画は、平積みの美しい装丁をめくっていくような感動があります。吾妻が愛に目覚めていく様が、嬉しい。
    先生、素敵な作品をありがとうございます。
  • いつも楽しみにしています。先生素敵なお話をありがとうございます。今回のお話、ジーンとしみました。コミックスも楽しみにしてます。
  • 波真田先生19話もありがとうございます!

    ストーリーもキャラクターもすべてが魅力的で大好きな作品です。
    とにかく続きが待ち遠しいです。

    朔太郎は、外での顔は、物腰柔らかく涼やかな眼差しで、清楚な好青年ですね。先生のときは久慈くんくらいクールだし、かっこいいです。扉絵の煙草姿も最高でした。

    久慈くんに対する時は、かまってちゃんの可愛さと無邪気さと、退廃的な色気がすごくて。。

    久慈くんもそのギャップにやられたのかな?と。笑

    静ちゃんの髪結い&エプロン姿眼福でした。

    朔太郎のために用意した?大きなベッドの左側、開けて待ってることに愛を感じました。2人の関係が進んでいくのをずっとずっと応援していきます。
  • 19話、切なく苦しい回でしたが私はとてもあたたかく読ませていただきました。相手の要求をのむことだけが愛や優しさじゃない。本当に大事にするって、こう言うことなんじゃないかと思い胸が熱くなりました。
    素敵なお話ありがとうございます。これからも2人をずっと見守っていきたいです!!
  • 波真田かもめ先生、更新お疲れさまです。

    久慈の愛にグッときました。
    愛しい…はぁ、最高です。
    最後のコマ、ずっと眺めていても飽きません…

    本当に素敵な作品をありがとうございます。
    ずっと応援しています。
  • 一緒に居られる人がいることの大切さ、そしてその人の貴重さをひしひしと感じる作品でした。
    喜怒哀楽の全てを見せても理解しあえる…素晴らしい関係の二人を拝読でき、感謝感謝です!今後も楽しみにしております。
  • 2人の丁寧でたまに不器用な愛に、いつもきゅっとなります。いちばん好きな漫画です。4巻の発売おめでとうございます☺️
  • こんな風に誰もが経験する日常の浮き沈みや機微、心の葛藤を、繊細に自然に描くBL作品に出会えてとても幸せです。19話は朔太郎の悲しみに寄り添う久慈の優しさに成熟した人間力を感じました。朔ちゃんに久慈がいて本当に良かった。2人の絆が少しずつ強く結ばれていくのを今後もずっと見させていただきたいです。波真田かもめ先生、素敵な作品をありがとうございます。
  • 泣ける場所があるっていいですね

    朔ちゃんを朔ちゃん以上にわかってる多治見さんや静ちゃんの存在

    ようやく自分のために泣けた朔ちゃん
    それを受け止める静ちゃん

    読んでいてめちゃくちゃ苦しいのに温かさが伝わってきます

    静ちゃんのことを『愛しい』って認識できた朔ちゃん

    お互いがお互いの安全基地みたいになっていて、2人の今後も楽しみです
  • 数え切れない悲しみと後悔ののち、
    側にいる人の手を握って体温を感じて
    幸せに生きていってね、朔太郎。
    波真田かもめ先生すてきな作品を読ませて
    くださり有難うございます。
  • 19話、とても切ないです。でも、どうしょうもない悲しみをぶつけられることが出来、それを受け止めてくれる相手がいることは幸せな事に違いないと思いながら読みました。今回は辛いけれど、胸がギュッとなる素敵なお話をありがとうございました!
  • これまでいろんな場面でお互いの鬱屈した思いの捌け口に行為を利用していたのに、ここにきて「今のお前に必要なのはそれではないと」言えるの、愛じゃなければなんなのだろうか。
  • むなしい感じとか、恋しい感じとか、感情がいったりきたり、スゴく理解できて良い話でした。あと、けんちんうどん食べたい。なにそれ。
  • 第19話、胸がいっぱいになりました。
    1巻からずっと面白くて大好きな作品ですが、今回が1番好きになりました。
    4巻の発売も楽しみです。
  • 19話読ませて頂きました。泣きました。最後の、朔太郎からこぼれた気持ちを読んで、わたしもやっと泣けたという感じです。ここずっと物悲しくて胸が苦しいのに涙は出なかった。久慈のひと言で涙が流れた朔太郎みたいに、わたしはふたりの存在に涙が流れました。ずっと気付かないフリをしてきた朔太郎が、やっと認めた!ってうれしくて、ほっとして。強がってはぐらかしたりごまかしたりする不器用な朔太郎をまるごと受け止めてくれる久慈の存在が本当にありがたい。ふたりがこの先もふたりでいれることをただただ願うばかりです。そしてこの大人の男たち、ちゃんと言葉にして気持ちを伝え合うことができるのか、見守りたいです。
    彼らと同世代の私にとっては、スモークブルーの雨のち晴れはグッと沁みる作品です。ありがとうございます。これからも応援させて頂きます。
  • あぁぁ、今回も素晴らしかった。
    朔太郎の気持ちを考えると、もぅたまらず、最初から最後までずっと泣いてしまった。
    辛い時にそばにいてくれる久慈の温もり、さらに深まる2人の関係がほんとにうまく描かれていてさすがです!
  • 波真田先生、フルール編集部様
    素敵な作品を届けてくださりありがとうございます。

    電子書籍のコミックシーモアさんでスモブル1-3巻まで購入し、沼落ちした者です。

    感想が乗り遅れて大変失礼なのは承知ですが、、

    スモブル1巻はコミコミスタジオさんの有償小冊子があると知り、在庫があった瞬間に紙のコミックスも購入することができました!

    『金糸の眠り』とっても良かったです。
    まだ再会してまもない2人の空気感と、久慈がクールに振る舞いながらも朔太郎に心底惚れてる感じ、最新話との熱の違いにぐっとくるものがありました。

    波真田先生の絵の美しさが紙本だとさらに増して本当に素敵でした。
    また次回コミックスが発売された時の特典も今から楽しみです。

    19話の更新も毎日待ち遠しいです。

    (感想が遅い上に、色々と先走ってしまいすみません)
  • 大好きです。
    何から伝えていいのか上手くまとめられないくらい、大切な作品です。

    私の一部になってます。
  • 本当最高です
  • 波真田かもめ先生、素敵な作品をありがとうございます。

    1~3巻を一気読みしました。
    ふんわりと流れる二人の時間がこちらにも伝わってきました。
    久慈君と吾妻君が夢うつつのようでいて、
    でも存在感に現実味もあるような、読んでいてなんとも不思議な気分になります。
    そして何故か泣きそうなります。

    辛い時に側にいて欲しい人、寄り添っていたい人がハッキリしているのに
    吾妻君のもどかしさが今後どのような展開になるのか怖いところではありますが。。
    二人の時間が続いて行って欲しい勢であります。
  • 悲哀があるから幸せを感じ、
    幸せであればこそ、その哀しみは耐え難くなる。
    人間とはやっかいな生き物であることが、
    叙情詩のように描かれているこの漫画が、
    とても好きです。

    物悲しさが、隙間風みたいにうっすら吹いてるこの漫画が、とても好きです。

    そのうっすらふく風を
    遮るように愛し合う二人がとても好きです。

    季節を感じられるところも、
    とても良い。

    明日、
    街ですれ違えそうな二人が、
    とても好きです。
  • 浜真田先生、フルール編集部様素敵な作品を届けていただき本当にありがとうございます!

    キャラクター1人1人が多くを語らないのに表情やしぐさで感情が手に取るように感じられて心に染みます、雰囲気や余白で冬の寒さやそれぞれの感情、、すごく伝わります。せつない回でしたが、本当にあたたかい春が待ち遠しですね。

    朔太郎の観察眼はあなどれない、久慈のタバコと同じにおいの男性、来客してたのに気づいてそうで(返信もいつもより遅かった?)弱ってる朔ちゃんだけど、どちらかというと、ジェラシーもあって勝気に攻めてたのかな?と思いました。笑

    同時に、朔太郎の煽りに火が着く久慈を見て、MR時代もライバルとして切磋琢磨していたのかなと2人のらぶ?なシーンから感じられて、激しくて本当に美しくてお似合いの2人だなぁと思います。
    MR時代のお話もいつか読んでみたいなー!

    ずっとずっと2人の歩みを見ていたいです。
    連載が末長く続きますように、、!
    おねがいします。
  • 先生いつも素敵なお話ありがとうございます。応援してます!
  • 辛い…。
    でも人生ってそういう事なんですよね。

    正しい正しくないもわからないけれど、みんなの心がどう動いていくのか、どう描かれていくのか、また次のお話を楽しみにしています。

    ふたりの関係も、約束など何もないのに強くなっていくのが目に見えてくる中、なんでか色々と考えさせられます。
    生きていく中でお互いが安心できる場所として確かなものになるといいなぁと、ふたりのファンとしては、そう思います。

    毎話、いいお話を読ませていただけて本当に先生に感謝です。
    ここにしかない感動や感情や経験があって、とても素敵な漫画だと思います。
    ありがとうございます。
  • 先生お疲れさまです、読みました。

    キャパオーバーになりそうな朔太郎、静さんそばに居てあげて。
    お互いを必要としている2人だから
    肝心な時は 離れないで欲しい。

    生きることは 楽しいことばかりじゃない
    悩んだり 苦しんだり
    人との関わりも。

    共感できる部分が沢山詰まったストーリーを楽しみにさせて頂いてます。

    また原作を読み直します。
    お身体ご自愛くださいませ。
  • 久慈くんの大きな愛にいつも包まれている朔太郎が羨ましいです。
    おしゃれで、イケメンで、たまには夜遊びしてそうな二人だけれど、根は真面目なところも大好きです。
    次回は朔太郎が更にボロボロになってしまいそうだけど、今度は久慈くんはどんな愛で癒してくれるのでしょう♡
    人生のパートナーと築きたい、理想の関係です。

    久慈くんがピンチの時の朔太郎にも期待しています。
    二人をずっとずっと見届けたいので、何十年も描き続けて欲しいです。
  • 更新ありがとうございます。更新が嬉しかった反面、今回は読んでいてとても辛かった‥もしや多治見先生は重い病気なのでは?と勝手に想像していたのですがその予想が当たってほしくなかった。朔太郎の繊細な心がとても心配になってしまいます。久慈がそっと支え且つ癒やしてくれることを願わずにはいられません。次回も首を長くして待っています!
  • 41歳です、ここ数年で学生時代の友人の訃報をいくつか聞くようになりました。18話、アラフォーの、仕事に私生活にリアルに描かれていると感じました。
    しんどい時に、心を通わせられる人が側にいてくれることでなんとか立っていられるんだよなぁと2人の関係が羨ましくなります。2人の穏やかな関係、これからも楽しみにしています
  • 18話読みました。
    つらいです…でも、いい話ばかりじゃない、それぞれに人生があってドラマチックなことばかりじゃない淡々と生と死は訪れる、
    いろんな感情の詰まった1話でした。
  • 新しいお話がアップされるのを毎日楽しみにしております。
    とはいえ、お体に気をつけてご無理なさらず頑張って下さい。
    心から応援しております。
  • 多治見さん、学生の頃から朔太郎の面倒見たり優しくしてくれてありがとう。
    幼くしてお父さんを亡くした朔太郎のメンタルが心配です。そんな時となりにいてくれる久慈くんにもありがとう。
    武市くん一生忘れられない恋になってしまいました。素敵な人だったよね。
    つらい回でした。キャラ全員の幸せを願ってます。最後まで見守らせてください。
  • 18話、とても苦しかったです。
    見たくないものに蓋をして、久慈さんの顔と与えられる熱だけを味わい尽くしたいというのは途方もない愛のようにも思えて、久慈さんを都合よく利用しているだけにも思えて、ジレンマです。
    すべてが順風満帆とはいえなくても、満たされている気持ちでなんとか幸せの形を作っていたものがぽろぽろと零れていく予兆を感じて不安が残ります。
    どうかみんなが穏やかな春を迎えられますように……。
  • 多治見さんの事だけでも
    吾妻の事が心配なのに
    久慈と関係ありそうな謎の男まで登場。

    次回更新まで
    情緒不安で待つしかないのね…
  • 切ない回でした。
    人生に楽しい事は少ない。
    だから、楽しかったことは宝物。
    人と出逢い別れる事は
    ホントに辛いです。
    ほんの1ヶ月前に義父を見送ったので
    心に沁みました。
    先生の作品はどれも
    現実に寄り添ったでも
    愛を感じられる作品で。
    特にこの作品でハマったので
    2人がどうなって行くのか
    まだ一回サラッと読んだだけの感想なので
    ちゃんと何度も読み返したいです。
    作品をありがとうございました
  • 静かに時間が流れていく感じで、読みながらとても心が穏やかになりました!多治見さんの訃報に悲しくなったのと同時に、これから吾妻がどう影響を受けるのか気になりました、、。
  • えー!
    ラスト、ブワッと涙が出ました!
    今回はなんだかズシッと重たい雰囲気が漂う回だなと思いながら読み進めてて、でも日常がよく描かれてるなあなんて思っていたら…。朔太郎、大丈夫かな。心配です。
  • 今回のお話しは色々辛すぎて、なんとも言えないものでした。今回多治見さんの人柄がより知る事ができて大好きになったのに。
    でも朔ちゃんには久慈がいるから大丈夫と思いたい。大切な人がいつまでも傍にいるとは限りない事が身に染みます。
    朔ちゃんと久慈の関係もより深くなれば幸せです。二人には幸せになって欲しい。
  • 今回のお話、歳の瀬の気ぜわしい空気と気温の中で思い出すのは久慈なのか…とキュッとなりました。1話から歳を重ねた今の二人のこの距離感、答えは出ていそうですが着地が気になります!
  • 素敵な作品をありがとうございます。BLというカテゴリを越えています、文学を先生の画で絶妙に表現されています。毎日読み返しています。お身体に気をつけて、この美しい作品をこれからも描き綴ってください。
  • 1.2巻拝読してストーリーも絵柄もとっても好きだなと思っていたら、3巻でスモブルの沼にどっぷり落ちて、無料連載?!(良いんですかありがとうございます!!)にたどり着きました!

    翻訳BLとあるように、朔太郎の複雑でめんどくさい気持ちを静ちゃんなりに意訳して、だんだんとお互いをわかり合って、心を溶かしていく物語なのかなぁと楽しんでいます。(そうであったら良いな!)言葉をお仕事にしてるけど多くを語らない静も魅力的です。

    静のガウンを当たり前のように着てるさくたろ最高です。並んで料理する2人お似合いです!もっといちゃいちゃがみたいです!
  • 吾妻自身が追いつけてない気持ちに寄り添って、待っててくれる久慈さんのの優しさにグッときます〜。
    本当ーーーに、1番好きな漫画です❤️
    早く続きが読みたい❤️
    一生読みたい笑
  • なんだろう、シビれた!いいの見つけた!って感じです!
    なぜか内容違うけど大好きなブルースカイコンプレックスが思い浮かびました。
  • 第1話から主に吾妻視点での物語だけど、じつは吾妻の内面こそが一番謎に包まれたブラックボックス。その中身がついに明らかに――!

    て。

    え……吾妻本人もわかっていなかったのかー、そうかぁー!

    でもそれは吾妻の表情に仕草にちゃんと出ていると見えますけれども。

    いつか自分で気づく日がくるのでしょうか。

    いや、気づかなかったとしても大丈夫ですよね? 久慈が吾妻のことめちゃめちゃ好きですし。


    家の内装の趣味のことを言われて、好みのタイプのことと解釈して返事する久慈に、フフッてなりました。
  • 純文学です。漫画ですけど純文学です。
  • 吾妻&久慈の大人の男の憂いをおびた感じがとても魅力的で
    惹きつけられてます。
    過去の自分と向き合いながら前に進んでいこうとしている
    2人の姿が印象的で、社会人を経験している人には、とても突き刺さる漫画ですね。
    2人の家族に対する思いなど読みながら、わかるわかる!?
    とその気持ちと同意してしまいます。
    17話の吾妻の高校時代の話も自分がちょっと違うことを
    自覚しているのだが、受け入れているのだが・・・。
    どこか、諦めてしまった感じの吾妻の心の機微がとても切なく描かれて
    いて秀逸でした。
    そんな面倒くさいのとか手がかかるのとかの吾妻を好きなひねくれ久慈が最高です!!
    2人とも幸せになってほしいです!!
    波真田先生、体調には気を付けてこれからも素敵な話を描いてくださいね。
  • 幸せそうなのに、少し不安定で、
    だけどそこをシッカリ定義付けするほど
    若くない。人間なら誰もが感じる、切ない風の冷たさを、この二人にはもう感じてほしくないかな。
    幸せになって。今よりもっと。
  • 今連載中の漫画で一番心待ちにしています。
    3巻後半の久慈の旅の前後のくだりのリピート読みが止まりません。
    朔太郎が久慈のことをいつのまにか
    愛しくってたまらない
    って顔するようになったよーーーと噛み締めていたんです。
    今回の更新で、そんな顔をしながらの「どんな顔してる?」ってモノローグがあって、きたよーーーってなりました。
    お互いにとってお互いが絶対安全地帯だと確かめ合うまであと少し…?
    朔太郎の自分の気持ちだけいつもわからない、というのが根深くて、まだもう少しかかるのかな…とも思います。
    波真田先生がここからをどのように描かれるのか、本当に楽しみです!
  • 穏やかな時間の流れが心地よいです。ただただ、幸せになって欲しいです。
  • 人生で蓄積される心のヒビ割れや傷、凸凹が、懐かしい匂いや温度で緩んでいくような、ゆっくりと癒されていくような、そんなこの作品が大好きです。
    社会生活・私生活で苦悩や挫折を経験し、それでもリスタートするのには全然遅くない、肉欲も維持してるアラフォー男性だからこそのストーリー展開がたまらない。

    吾妻の人格形成期の苦悩エピソードに触れて、誰かに対する愛を自覚する回路がどのように遮断されてきたのかが理解できました。
    翻訳スクールのクラスメイトに対するカミングアウトも、久慈の包容力で古傷が癒えてきていることの現れなのでしょうね。
    久慈の静かで激しい一途な愛で、吾妻がこれからどんなふうに解けていくのか、久慈に対する能動的な愛を自認させる今後のエピソードやそのときの久慈の反応、そしてもちろんえちがますます楽しみです。
  • こんなに好きな作品他にないです。
    初めて吾妻の過去に触れて切なさが増しました。
    さらりとした大人に付き合いの二人が好きでしたが、安心できる関係になってほしいと願ってしまった…
  • 朔ちゃーん!
    若い頃の朔太郎、切ない、切ないよ!
    あの頃があっての今。
    求められると応えてしまう性質だとしても、久慈との関係はそれだけじゃないよね。

    あ〜、波真田先生、天才。
    心理描写が秀逸です!
  • 「そこに愛はあるか」と語りかけてくるようです。好きなら離さないでと思っていても言わないならばそれは同じ好きなのか真には分からないであろうに、それでもふたりの間に愛を感じます。一生続いてほしいな、スモブル。
  • 大人の関係だなー って思いました。
    このままでいいと二人とも思っているのかな。
    でも、どちらかが好意を口にしても関係は崩れない気がしました。
  • 今一番好きな漫画です。
    特典読みたさに初めて同じ漫画を2冊買いました。
    久慈がかわいいので久慈の語りのターンを待ってます。
  • 第17話後編、ラストのページすっごい良かったです!
    んっふふって声出して笑っちゃいました。
    良い2人ですよねー。
    ずっと応援してます!
  • とても好きです。
    言葉の選び方とか、切ないの次に優しさがあって。
  • 更新が待ち遠しいです。久慈くんと朔太郎くん、思い合っているのにどこか不安定で。
    今回、それが朔太郎くん次第なんだなあと感じました。

    ほんとに久慈くん、朔太郎くんの手を離さないでほしい。

    なんとなくですが、洋画のような雰囲気のある作品だと思うので、ドラマ化より映画がいいのかなー!
  • 久々どハマリしました!早く続きが読みたい♡
  •  なんか、いつの間にか涙滲んでいて、心の奥の郷愁みたいなものが溢れ出て…。ステキでした。きっと忘れられない主役の二人になりました。波間田かもめ先生って凄い!
  • いつも素敵な作品をありがとうございます!
    二人の関係が水が染み渡るような感じに心地良くて元気になります。。
    色々あったからこその今なんでしょうね。
    何度も読み返したくなるお話です。
    二人がずっと一緒に歩んでいけることを期待してこれからも楽しみに読ませていただきます!
    因みにタイプは静さんです^^
  • 3巻購入しました。毎日読んでます。
    そして今回もなんとも言えない読後感…
    2人とも本当にいい人で、大好きです。
  • 同年代で刺さります。素晴らしい作品をありがとうございます。これからも追いかけていきます。
  • 今回もありがとうございました。
    友達以上の素敵な関係良いですね、
    これからの話楽しみにしています。
    身体に気をつけて、頑張って下さい。
  • 他人にどう思われようと、2人が納得している関係なら わざわざ説明したりしなくても良いのでは?とも思いましたが、この先も恋愛対象として見られるのを避けるために、同性愛者であると伝えることは有効だったのかなとも思います。
    でも普通にやんわりと断るだけでも良かったような気もしました。
    こういう判断って難しいですね。
  • 今回もとても素敵で好きなお話でした。自分もマイノリティ側なので最後のコマのあの気持ち、とてもよく分かります。
    二人の歩みをじっくり見守る気持ちでいつも楽しませていただいています。次回の更新も楽しみにしています。(3巻の書き下ろし、最高でした)
  • 本当に本当に大好きです!
    2人の間の空気もだけど、季節の過ごし方とか背景とか、そんな細部の繊細なところまですごく綺麗です!
    ふだんそこまでBL読むわけじゃないですけど(なんでも読む)、この作品は本当に好きで。
    3巻も発売と同時に即購入。あああああ、好きです。この気持ちを伝える語彙力が欲しい……
  • 17話前編の扉絵スッゴい好き。
    久慈のロングも、二人の笑みも堪らない。
    あと、台所でのこの距離!先生天才!
  • あ〜、朔太郎カッコいいなあ。
    あんなに、真剣に、冷静に、ふたりのこと原さんに話せる朔ちゃん、カッコいい。
    この物語にずーっと流れているしっとりした空気感がたまらなく好きです!
  • 三巻もすごく楽しく読ませていただきました。スペインとか、しずかさんに似合いすぎ❗
    次の巻も楽しみにしてます❗
  • スモークブルーの雨のち晴れ3巻発売おめでとうございます。
    コミックシーモアで拝読しました。
    素敵な作品をありがとうございます。
  • 名もない関係が、この先どんな名に展開して行くのでしょう、楽しみです(*^^*)

    二人に影響を受けて、勉強をしょう❗️と決めた次第です(^_^ゞ
  • 二人の関係性が、とても大好きです。
    ホント、他の方も仰ってる通り、一緒に住めば良いのに…。
    かもめ先生、素敵な作品を作って頂きありがとうございます。
    私は好きになった作品は電子書籍とコミック紙を手元に購入してるのですが、スモブルもその一つです。とても大好きです。これからも、更新楽しみに待っています。
  • BL歴とても長いですが、好きな作品ベスト3に入ります。いつまでもずっと続いてほしい。
  • 更新ありがとうございます!
    あ〜もう一緒に住めばいいのにー
    40、先のことを考える、まだ名前のつかない2人の関係。歳をとる。不安はすぐそこ。
    3巻予約しました!楽しみです。
  • 久慈が帰ってきた15話で完結と思っていたら、16話と続いて嬉しい誤算です。環や原さんも二人の関係に何となく気づき、二人だけの閉じた関係がどんなふうに変わっていくのかたのしみ。波間田先生ならきっと素敵な展開にしてくれると思います。お兄さんが建てた新しい家も見たい。
  • 1、2巻の背景色はブルー、3巻はグレー。40代、青さの中に少しずつ老いがにじむ。吾妻が翻訳スキルを上げて、久慈の仕事のパートナーに、そして人生のパートナーになる日を心待ちにしています。
  • 大人2人のゆっくりじんわりと心が繋がっていくこのお話が好きです。

    人にはうまく言えないけれど、辛かったり、心が少し弱ってる時に互いに気づき、気遣い癒し合う関係が素敵です。

    続きをとっても楽しみにしてます!!
  • この作品を見てると心に響く言葉や心理描写がとても共感できるものが多いです。
    人間の心情や表情をとても丁寧に描かれてて毎回引き込まれます。
    穏やかな空気感も大好きです。
  • 15話めちゃくちゃ良かったです。
    続くという言葉を見ただけで叫びました。
  • 先生の優しい作品大好きです。作品を読み終えてスクロールすると過去作のコミックスが出てくるじゃないですか、読んじゃうんですよね(笑)毎回、毎回波真田ワールドに浸ってしまう。はぁ〜嬉しい時間泥棒です!3巻もう少しですね、楽しみです。  
  • 2人の魅力はもちろんだけと
    女性キャラも丁寧に描かれていて嬉しいです。
    女性が雑に描かれるBL作品はほんとに多いから。

    原さんと電車トラブルのくだり、ちゃんと人物が人間らしく描かれていて(シリアスな場面ですが)好きです。
  • 更新ありがとうございます!
    心待ちにしてました。

    2人のなんとも言えない距離感に毎回悶えています!本当に大好きです。
    そして原さん、同年代なので気持ちわかります…泣いてしまいました。

    余談ですが、語り合える友がいないのでこのコメント欄を読むのも楽しみにしています。
  • いつみても、何度読んでも、この空気感が大好きです。2人の関係が、大好きです。素晴らしい作品をありがとうございます。
  • 16話お疲れ様です!
    突然の更新で驚きとともにめちゃくちゃ嬉しかったです!!
    一気に、そして噛み締めながら読みました。

    色々と変化を感じさせる内容で、次回を早く読みたくなる締め方で次回がとても楽しみです
  • 自分の家族に優しくしてくれると、自分に優しくしてくれるより嬉しくなるの、とても分かります。先生の作品は言葉や表現が心にストンと落ちてきてじんわり温めてくれます。いつも楽しみにしています。
  • 16話拝読しました。環が大人びて、いよいよ関係を話す時がきたのかと。
    このお話に出てくる人物はみんな思いやりに満ち、さりげなく人に優しくできる。一人ひとりの背景が感じられます。
    多治見さん痩せましたね。キーホルダーはたぶんお守り。悲しい展開にならないでと祈りながら最後まで見届けます。波真田かもめ先生どうか御身体大切になさってください。
  • 久慈が戻ってきてよかったーなんか2人の関係の心地よさがいいですね。
    でも環くんも気づき始めたし翻訳学校の女の人にも2人の関係を言いそうだし、これからは2人だけの秘密ではなくなってくるような...そうしたらこの心地よい関係も変化していくのか...ちょっと世間の目に晒されて嫌な思いもしていくのかなあ。ちょっと心配です
  • 久慈と朔の新しい生活。ふたりとも気負ってなくてとても自然でお互いに居心地のいい大人な距離感…。
    だけど環や原さんとの関わりがこれからのふたりをまた少し変えていくのかな…続き楽しみです。
  • 更新ありがとうございます。二人の距離感、空気感が今回もとてもよかったです。大好きな二人。どうか穏やかであたたかい日々がこれからも続きますように。
  • 今作もほんとに面白かったです。波真田先生が生み出す人物は表情で何を思ってるのか、伝わってきて、感動します。次回も楽しみにしています!自意識過剰とはいいつつ羞恥心でいっぱいの女性の気持ち、痛いほどわかる…
  • もぅほんとに毎回毎回、好きすぎます。

    それぞれの登場人物の仕草や言葉で、はっきりとは描かれていない心の機微まで見えてきて、なんだかグッときちゃいます。

    2人の関係もとてもナチュラルでどんどんどんどん素敵になっている〜!好き❤️
  • すごくいいです。若くはない、でもまだ年老いてもない、そんな狭間でどう生きていくか模索しながら一緒に日々を過ごしていく感じが胸に沁みて来ます。
  • すごく大好きな作品です!毎回二人のお話楽しみにしてます!これからも二人のロマンスを追いかけていきたいです~!お体に気をつけて執筆してください!
  • 先生の描く漫画の空気感が
    好きです。知的な雰囲気と
    独特の感性と描写や絵とエロさが
    絶妙で好きです。
    これからも応援してます!
  • 15話本当に素晴らしいです。何度読んでも毎回涙が溢れました。波真田先生の作品は、優しく穏やかで、とても居心地が良いです。まるで久慈くんのお家みたい。二人は今後どうなるのか、ずっと見届けたいです。
  • 今回も最高でした。
    本当に大人な恋愛感が素敵です。

    いつも本音をはぐらかしながらも時折ぐっと伝えていくからよりドキドキします。
    空港でのキスカッコ良すぎます。

    読んだあとちょっと切ないような哀愁ある余韻が残ります。
    クセになる…
    ちょっと大人の孤独感や空虚な部分を埋めていくような二人の関係が微妙な距離感あってたまらないです。
  • 心臓をギュッと搾られるような切なさよ……。

    さようなら、久慈家。


    でもまだ続きますよね?

    もっと吾妻と久慈の日常を見ていたいです。
  • 泣けてきました。
    二人の関係は名もなき関係でなくなってきてると思います。
    今後の二人の関係に目が離せません。
    温かくて切ないこの物語が大好きです。
  • とても素敵で泣けるお話です。2巻まで持っていますが出来ればもう少し続いてほしいような、2人の幸せな結末を早くみたいような。わたしも久慈くんがあの家に住み続けて欲しい気持ちですが、決断には賛成です。家には思い出が沢山ありすぎたかもしれませんが、それでも思い出を作るのは今日の自分たちだと思います。久慈くんと吾妻くんが2人の思い出を作り、そしてそれを紐付けたひとつの場所を、こんどは2人の「家」と呼べる日が来るといいな、と、思ってます。
  • 月並みですが、
    この作品と二人が大好きです。
    本になる日が楽しみです。
  • ボイスコミックも、おめでとうございます!
    メチャクチャ楽しみです。

    そして、今回も最高すぎる。
    この、大人な感じが凄い好き!
  • 最高です。
    ありがとうございます!
  • ううぅ~本当に本当にスモブル好きだ!大好きだ!
    泣きました。
    切ないけど、前向く強さと、互いへの慈しみ。ラストじゃなくてまだ読めることが嬉しいです!
  • 朔太郎のお父さんの入院風景と朔太郎が久慈くんにおんぶされ泣きながら労ってるのを見て涙が出ました。
    そのあとポストカードにキスする朔太郎、空港でキスするふたりを見てキャーッと思ってたら『スモークブルー』を勧めた友人からDMが届き、直接語り合いたい、この作品に出会わせてくれてありがとうと。
    読者は感情を揺さぶられすぎて興奮状態です笑
    波真田かもめ先生! 楽しい時間をありがとうございます。
  • おぉー!今回長くて、かなり読み応えあった〜♡まさか最終回じゃなかろうかというくらいしっとりまとまってたからちょっとビクビクした。
    だって、まだまだ見ていたいんです!ふたりのこと!
    あー、素敵すぎる!
  • なんだか
    家を出たふたりが幸せそうで
    早くくっつけよ〰️と思いながら
    のらりくらりな感じも楽しみが延びてずっと読んでいたい気分です
  • 毎回、スモークブルーの雨のち晴れを読むと心がつんざくような余韻が残ります。その余韻は、とても心地よくて目がしらに涙がたまってしまいます。
    縁側の久慈兄弟のシーン・・・。どちらの気持ちもわかるなぁと感情移入してしまいました。
    もし、静が一人だけで住んでいたら、家を壊すということをわかっていても乗り越えるには、辛すぎ。静に朔太郎が側にいてくれて本当に良かったです。
    ここでもまたまた、感情移入をしてしまいました。
    家、家族、恋人(?)・・・。そのつながりに色々と複雑な感情があるけど根底にある優しさをそっと寄り添うよう見せてくれるかもめ先生の作品が大好きです。
    素敵な作品が読めて光栄です。次回も楽しみにしています。
  • なんかもう…じんわりと涙が出てきました。
    誰にとっても次の一歩を踏み出すためだとわかっていても、私も同じようにこの家に思い入れができてしまったから。
    あたたかい、でも切ない読後感…かもめ先生さすがです。次回も楽しみにしてます。
  • 更新ありがとうございます!
    久慈兄との距離感、兄弟だからこそ聞けなかった事。寂しさ、切なさ色々な感情が溢れていて胸が締め付けられる回でした。
    これから2人はどうなるんだろう。名もない関係が名前あるものになるのだろうかとても楽しみです!
  • 更新ずーーーっと待っていました!
    年を重ねると、好きとか嫌いとか単純な感情じゃなくて、愛おしさとか憎しみとか疎ましさとか色んな感情が入り混じってくる。それがすごく表現されていて胸がギュッとなりました。
    それを言葉にうまくできなくても分かち合えるのが静と朔太郎なんだろうなあ。
    すべてはハッピーエンドにはならないけど、せめてこの2人だけはお互い手に届く関係で終わってほしいなーと思います。
  • 家具が運び出されていく家。お兄さんに三上さん。久慈家を取り巻く方々が集まれて、バナナケーキのエピソードにぐっときました。
    最後の朔太郎の表情、何を思ってるのでしょうか。読者(わたし)はまだまだこの家にいるふたりを見たいと思ってしまいます。
  • とうとう家が、家が、、、。
    寂しいですねーーー。
    でも静ちゃんがひとりじゃなくて良かった!!
    これからの暮らしがどうなるか、ドキドキ続きを待ちます。
    スモークブルー大好きです!!
  • 前回からとても楽しみにしており、更新されたタイミングで読ませていただきました。
    実の印象が今までと変わって、とても良いエピソードでした。
    ただ、実のセリフ、静のセリフに誤字がありました。
    次回の更新を楽しみに頑張ります。先生も体調に気をつけて頑張って下さい。
  • 味わい深い作品です
    中年の愛と成長の物語
    仕事のこと 生活のこと
    親のこと 兄弟のこと 家のこと
    学ぶこと 愛すること 失うということ
    若い頃とは違う感覚や感情で
    改めて向き合っていく過程が
    静かに丁寧に描かれていて
    読む度に少し切なく心奪われます
  • 家の軋む音や時計の刻む音
    聞こえてきそう。
    穏やかな日常に二人がいて。
    名前のない関係から
    発展してゆくのでしょか。
    楽しみです
    料理も美味しそう
    先生の作品の穏やかな時間
    素敵です
  • いつも素敵な作品をありがとうございます。先生の描く優しい視線、間が大好きです。
  • 切ない。積み重ねてきた時間が失われていくという、後ろ向きな変化の訪れに気持ちがざわざわします。いい方向へむかいますように。
  • 中学校の友達と今でも仲良くて和みました。大人は楽しい。
    朔太郎、すっかり家に愛着が湧いてしまって。
    このままずっと久慈くんと住めたらいいのに。
    多治見さんの体調も心配です。色々出てくる年代。今後の展開見守らせてください。
  • 第13話を読みました。私は2人より少し上の世代ですが、近い将来実家がなくなる方向に進んでいます。
    久慈くんのお兄さんはお父さんの介護も任せっきりだったのに、実家は相続するんだ…何の疑問も持たずに…?と考えてしまうのは私にとってリアルな状況だからでしょうか。
    今がちょっと辛いのでこれから2人がどうやって晴れに向かっていくのか、とても気になります。いつも更新がとても楽しみです。
  • 更新ありがとうございました。
    なんか・・・いつにもまして切ない回でした。
    変わっていくもの・変わらないもの・変わらないといけないもの・変えたくないもの・・・
    大人は自由で選択肢も多いけれど、置いていかなければいけないものも多いんだなと。
    変わることで前向きに良い方向に進んでいけたら良いですよね、吾妻も久慈も。
    自分たちで選んだ道で幸せになってほしい。
    そんな風に思った回でした。
  • 久慈の、久慈と家族と、友人と、そして朔と…時間を重ねて思い出が降り積もったこの家と本当にお別れなんですかね…めちゃめちゃ寂しい。そしてふたりのこれから…続きが気になりすぎます〜(,,>
  • やっぱり好きだな。単純に好いた惚れたじゃなくて互いのバックボーン込みの大人の恋愛。
    続きも楽しみにしてます。
  • 家がくすぐる五感から、あっという間に過去の記憶の流れに引きこまれて。誰しもが、どこかこの世の中や家族や人間関係との折り合いがうまくいかなくて。
    そんな記憶と感情の中にいる久慈と朔太郎。久慈は仕事をやめる時も、マンションを決める時も自分の中で区切りをつけることができているように見えるし、朔太郎はぎりぎりまで区切りをつけることを避けているように見えるけど、そんな二人がこの家に”今”いることが、未来につながるといいなと切なく読みました。
    大人になるって、自由もいっぱいあるけど、思いもよらなかった制約が生まれてくるよね・・
  • 緩やかに時が流れる風景のかもめ先生の作品が大好きです。読みながら自分の過ごしてきた時間や情景を省みながら、シンクロしているみたいで…
    今回も仕事の休憩時間に読んでしまい涙止まらないですよ。二人のこの先が一緒に時を刻んでいる風景だと嬉しいです。
  • 「聴覚と嗅覚でこの家をおぼえている」
    くぅ〜、深い!そしてよくわかる!
    大人だからこそのセリフとか、佇まいとか、めちゃくちゃ好きです〜!
  • めっちゃスキ❤️
  • 踊場さんと弥生くんが大好きだったので見られてすごく嬉しいです。この人たち生きてるんだ!!!
    実際には存在しないはずなのに、実際に生きている、その人の痛いところかゆいところとか覗き見してる気持ちになります。
    出てくるキャラクターが好きで久慈兄も吾妻のかーちゃんも久慈も好きなんですが、吾妻を応援してます。幸せが続いてほしい。
  • スモークブルーの雨のち晴れが好きです♡最初は、表紙の色が好きな色合いだったのでなんとなく読み始めたら…仕事で悩んでいた時の自分の気持ちを思い出して…そこへ、美しい2人の恋物語が合間って、読み進んでいくうちに…!!丁寧に描かれる、背景の木々たち…素敵な古いおうち…どんどん魅せられてしまいました!!40歳前後の年齢設定も好みでした。奔放で美形の吾妻、大人の色気たっぷりの久慈…翻訳という素敵なお仕事に出会った2人の今後が気になります♡吾妻に好きだよって言われた時の久慈の反応がみたい〜!!今後も楽しみにしています♡かもめ先生、お身体に気をつけてお仕事なさってくださいね!!
  • 人生折返し年代の二人の淡々とした日常の中で、彼らと同年代の私やどこかの誰かも、きっと似たような思いを経験したことがありそうなストーリーにとても共感しています。そしてたまに見せる煙草の火のような小さくても熱の籠もった二人のやり取りに、心臓のあたりをギュッと攫まれて止みません。これからの展開も楽しみにしています。
  • 読み終えた後の、なんとも言えない余韻。
    大人2人の、優しく穏やかな駆け引きのようなやり取りに、胸がギュッとします。次回も楽しみにしています!!
  • 大人同士の色気がすごいです。
    辞書で調べる思春期あるあるには思わず笑ってしまいました。
    二人の関係がこのままずっとこんな感じで続きますように。
  • 今一番好きな漫画です。
    久慈がかわいい。
    久慈の想いの強さが表情に滲み出てるところを何度も何度も読み返してしまう。
    スモークブルーだけで休日は何時間も過ぎ去ります。。。
    ところで2巻のあらすじに「ケンカップル」とありますが、
    まだカップルでないところに味わいがあると私は思っているのですが、波真田先生どうなんでしょう?
  • 毎回更新楽しみにしております。
    線がめっちゃくちゃ色っぽいです、読んでて締め付けられます。久慈の流し目…最高
    いつもありがとうございます!!応援しています。
  • 2人のただタバコを吸っている時が
    なんとも言えない雰囲気で大好きです。
    何気ない会話、甘々な雰囲気をずっとみていたいです。
    次回の更新もとても楽しみにしています。
  • 年を重ねて、新しいことに踏み出すことへの怯えと、自分という個が何を成し得たのかという人生の振り返りと焦り
    まさに同年代の原さんの気持ちが手に取るようにわかります。
    と同時に、朔太郎と久慈のこれからに思いを馳せてしまいます。
    踊り場さんと弥生くんの登場に小躍りしちゃいました!
    波真田先生大好きです〜!
  • 12話更新をありがとうございます!名前のつかない関係、いまはつけたらいけないような関係。もどかしさや切なさが伝わってきます。大人だから、そのままでよくて、よくない。心の揺れが収まりますように。
    お体ご自愛ください。次も楽しみにしています!
  • スモブルと恋かも…贅沢だ〜っっ
    まさかの踊場さん登場でうれしくなってしまいました笑
    これからもかもめ先生の世界観に酔わせてくださいね。大好きです♡
  • 今回も良かったです…!!
    恋人じゃないのに、恋人以上に甘い2人の空気がたまりません!!大人の色気が凄い!!
  • 2人の空気感、とても好きです
    これからどうなっていくのかドキドキします
    早く続きが読みたいです!!!
  • 2人の空気感、とても好きです!!!
  • 踊場さんが出てる!弥生くんもちょっと出てる!という嬉しさ。
    でも、踊場さんのワクワク顔と久慈さんの寂しそうな横顔の対比がえもいわれぬものがありました。
    いつもながら細かい描写が素敵です。三島の単行本デザインとか。よれて擦り切れた辞書とか。
    だからこそ、彼らの濡れ場が厚みがあるというか、体感を表現する以上のエロスを感じるのでした。
    はぁ、今回もよき。
  • このお話のどこかゆったりと流れる空気が好きです。
    先生の他の作品はまだ読んだことがないのですが、どれもこんな雰囲気なのでしょうか?

    時間は確かに流れているのに、あくせくしてなくて、それこそ二人の吸う煙草のけむりの揺らぎのように穏やかに漂っている。

    そんな柔らかに過ごしていく毎日の中で、二人にとってのいい形を見つけられるといいのになと思います。
  • 作品に登場する女性が皆生き生きと描かれてます。背景が感じられます。

    本繋がりであの方とあの方の今を知られたのが最高にハッピーです。いつも幸せな気持ちをありがとうございます。
  • 大人な時間が過ぎていて、穏やかに作品を楽しむことができて幸せ。タバコ吸うところから最後のシーンまで尊すぎる。
  • gentlyは穏やかに静かに、なんだなぁと。
    たしかに、静ちゃんは穏やかで優しい。

    辞書のやり取りが本当によくて大好きです。
    談笑のうちに訪れる陰のようなものがスっと刺さったけど、今隣には俺もと言ってくれる人がいるということと、その後の今はもう知ってるまでの流れが本当にとても素敵でした。
    すでに何度も読み返してしまいましたが、次回もとても楽しみです。
    素敵な作品をありがとうございます。
  • 沁みます。主人公と年齢が近い事。自分の事。親の事。周りの事。共感が多すぎます!読後は毎回、「明日も頑張ろう。」と前向きになれたり…。ありがとう。かもめ先生。3巻が本棚に並ぶ日が待ち遠しいです♪
  • 今回もサイコーでした~
  • ひゃほー、『恋かもしれない』のお二人がゲスト出演!なんか嬉しい
  • まさかここで踊場さんが出て来るとはびっくりしました!
  • 凄く好きな作品です。私が読んだ波真田先生の作品の中で一番好きです!二人の間に流れる空気、視線のやり取り、静の実家の雰囲気、周囲の人々との関わり…それぞれがみんな胸がぎゅっとなります。懐かしいようなちょっと切ないような。とにかく、これからもずっと読んでいたいお話です。
  • 心安らぐ素敵な作品をありがとうございます。
    朔太郎が久慈を見つめる時の表情がなんとも言えず、好きです。
    人物や背景が緻密に描いてあり、ストーリーと相まって何度も読み返しまう大切な作品です。
  • この作品が大好きです。
    いつもは読んだ漫画を売ってしまったりするんですがこの漫画だけは絶対売りたくないし大事にしてきます。静さんが本当に素敵。。見た目も性格も本当に素敵すぎます。これからもずっと楽しみに待ってます。先生、お身体に気をつけて無理なさらずお仕事頑張ってくださいね。いつも素敵な作品本当にありがとうございます。
  • かもめ先生のお話はいつも温かい気持ちになれるところがあるので、読んで良かった〜という気持ちが生まれるし、度々思い出して読み返してみたくなります。本作品は年齢的にも自分と状況が重なる部分も多く、共感するところが幾つもあるので、続きを楽しみにしています。
  • かもめ先生2巻発売おめでとうございます!そして私を含め首を長くして発売を待っていたスモブルファンの皆さんもおめでとうございます!笑

    此処へ感想を書くまでに3回読み返してきました!単話も毎回拝読させていただいておりましたが、改めて、さくちゃん曰くの名前の無い2人の関係や親子、兄弟など、それぞれの想いが交差したお話が素敵でした。

    今回も某電子書籍サイトで購入させていただきましたが、描き下ろしも可愛いかったですし(包囲網で静ちゃん夢でうなされてました 笑)、大人なかき氷のお話も興奮しました!ありがとうございます!ありがとうございます!

    同居(同棲?)スタートとなる、次回からのお話もすごく楽しみです!
  • この二人が、この家に住み続けられますように。
  • スモークブルーの雨のち晴れ2巻 本日発売っおめでとうございます
  • 2人のやりとり、雰囲気、大好きです(*´`)
    「家」の描写が丁寧で人それぞれの「生活」が感じられるのがすごくいいです。
    生活=人生で、その中に誰かとの時間があるという感じに尊さを感じます。
    ふたりには結ばれて欲しいけど一生大人の駆け引きしてて欲しくもあります(笑)
    ふたりの時間が魅力的すぎて最高です。
    続きも楽しみです!
  • 先生のお話大好きです。朔ちゃんと静ちゃんが苦難乗り越えて行く姿に、私も励まされる。
  • 同居生活始まってドキドキワクワクしながら更新を待ってます!
    大人の恋愛って慎重で、なんとも言えない恋愛攻防戦が妙に惹かれる。
    一言で言えば、大人の恋愛すてき。
  • このふたりの空気感がとても好きです
  •  『老い』とは誰にでも等しく訪れるもので、『生きて行くには』のお話にはそう遠くない未来の自分の身につまされる内容に考えさせられました。

    親の老いやらなんやらを考えながらも、
    互いの今までの距離感から未来に目を向ける前準備の段階なふたりなストーリーなのかと。

     そして、昔の一軒家は結構寒い!!!!
    は、わかります!!!!!!
     どんな着地点かが未だに想像出来ないワクワクがたまらいふたりをありがとうございます。
     
  • ついに明日2巻発売ですね♪
    少し早いですが、おめでとうございます。
    2人がいい距離感で何気ない日々過ごしている感じを、読者としていい感じにのぞかせてもらっている感じがします。
    若くはない年齢だからこそ考えてみたりすり言葉の意味とか、それを言い合えたりする環境とか、リアルだなぁ。
  • 11話もありがとうございました。
    ふたりが「生き方」について話をする度、同年代のわたしにはめちゃくちゃ「刺さり」ます。前にも後ろにもいろいろなものが見えて急に深度が一段増す時期ですよね。
    本当にかけがえのない関係性だなと思います。肌を合わせて年を越し、常に思いやりのある距離を保ち、互いに燻るものを分かち合える、何物にも変え難いです。一生ふたりを見ていたい。
  • 相変わらず、ふたりの関係が好きだー!
    もういつまででも見ていられる!
    惚れちゃったら困るって、もう惚れてるくせにぃ〜。
    明日発売の2巻も楽しみ!
    あ、先生、バイバイセンチメンタルも今年出してくれるんですね!神〜✨
  • 大人な二人のお話、とても好きです。
    発売月になったので、改めてコメントさせてください。
    2巻発売楽しみにしてます。
    落ち着いた気持ちで、柔らかい気持ちになれる作品。
    波真田かもめ先生、ありがとうございました。今後の作品も楽しみにしてます。
  • なんとも言えない2人の空気感
    さっさとくっついちゃえばと思いつつ
    2人のやり取りにドキドキしつつ
    これ以上どちらも傷つかないで幸せになってと見守る気持ちで読んでいます
  • 2巻もすごく楽しみにしてます。
    フルールさんでスマホに穴開きそうなくらい読み返してたのですが、それでも単行本が待ち遠しいです。
  • 吾妻ー!!それは恋だよ、恋!!
    きっと分かってるんだろうけれど、お互いそこで勢いに任せて踏み込んだ関係になれないのも、このじれったさも、いい歳の大人の恋愛だからこそって感じで、本当に素敵。かもめ先生の表現力あってこそだと思います。
  • 好きすぎます、大好きです。
  • ほんと大好きです。何度も読み返しています。10話すごく良かったです。喫茶店の帰り朔太郎のマフラーしてましたね♡
    2巻楽しみにしています。今1番続きが読みたい漫画です!
  • ストーリーも描写もめちゃめちゃ好きです。
    電子版1巻購入後2巻発売を心待に楽しみにしてたところ、こちらで毎月拝読出来ることを知って毎月楽しみに拝読してます。久慈と吾妻の距離がどんどん近づいてるのを見るのが好きで楽しみです。
    気になるのは久慈とお兄さんの拗れてる?関係性。お兄さんがこの家を久慈から取り上げないでほしい。
    久慈と吾妻がこの空間(家)で長く居られることを願ってます。
  • 2人の空気感がなんだかとても好きです
  • 10話楽しみにしていました。
    そしてすごく良かった!
    もう、本当に大好き!
    お互いの大人の駆け引きがたまりません。
    大好きです!
  • さくちゃんのスーツがかっこよくてドキドキしっぱなしでした! トレンチコートがまた高そうなんだ。
    クールに見える久慈くんも、好きな人が忘れて行ったサンダルで駆けつけることもあるんだね。玄関の扉閉まったらもう待ち切れない。
    その後の展開が幸せすぎて、頬が緩みました。波真田先生、幸せな気持ちをありがとうございます。残りのカレーで作ったカレーうどんをふたりで作って食べる、このリアルさ。波真田先生の作品が大好きです。
  • はぁ〜
  • 本当に大好きな漫画です。
    心の柔らかいところを刺激されまくって、幸せだったり切なかったり、ほっこりしたり、しみじみ良い話だなぁ、素敵な2人だなぁと思います。
    優しいお話。自分を一生懸命生きる人達の愛のお話。大好きです。
  • この7話すごい好き。
  • は〜〜
    今回もとても素敵な空気感でした…
    あと朔太郎のお姉さん家族の優しさもとても好き…きっとお義兄さんも優しい方なんだろうなあと想像しちゃえます
    二人のこれからが気になる……!
  • コミックス2巻発売決定、おめでとうございます。
    毎回楽しみにしています。
    大人のしっとりした感じが好きです。
    久慈と吾妻の今後が気になりすぎます。
    ずっと続いて欲しい作品です。
  • ふと、良いお酒に出会ってしまった…そんな感じの作品でした
    次も楽しみにしてます
    久々痺れました〜
  • 2人の間に流れる空気感が大好きです。読後の余韻が心地よくて何度も読み返しています。
    共に歩んで欲しい2人の未来を想像しながら次回を楽しみに待ってます。
  • 次回まで長いですね…色々な展開を想像してます。久慈のこの素敵な家はお兄さん家族が改築して住むのかな?2人でここで暮らせる未来があればいいのに…
    次回も楽しみにしています
  • 何より絵柄が繊細でカッコ良くて、二人とも素敵過ぎる!挫折したり、ずっとつらい思いをため込んでいたり…ココロの痛みをデリケートに描いていられる波真田先生の作品大好きです
  • 静かな空気が読んでいて落ち着きます
    大好きです
  • 1巻購入後、こちらで続きを毎回楽しみに
    拝見してます。毎回背景の書き込みがすごいです。丁寧に書いてるのがよくわかります。2巻が出るのも楽しみにしてます。
    ロード好きな50代のおばはんでした(^-^)
  • 二人の関係に名前なんていらないのかもと思わされた今回のお話…余韻がすごいです。
    だけどやっぱり二人がどこに辿り着くのか、続きを楽しみにしております。
  • 余韻、余韻、余韻の心地よさと寂しさがリアル。別れ難くこの煙草が終わるまで。分かるなぁ。
    映画の題名…本当にある映画なのかな?
    2人はどうなるのかな?
    ここにも余韻が静かに広がってきます。
  • 明かりが点かず暗いままだったら、闇に紛れ込ませて2人の関係性が少し変わったのかもしれない。
  • う〜ん、しっとり〜。
    お互いにお互いのことを思い合ってるのに、表にははっきりと出さないままでいる大人な感じがたまらん。
    でも、一度離れてみたら、燃え上がる時が来るのかな。
    は〜、これからどうなるんだろ〜?
  • タイミングとご縁が転がり込んで新しい道に進もうとする朔太郎が、久慈くんと過ごした日々を心地良くておだやかと言っていたのがなんだか嬉しかった。
    夜明けまで仕事を終えて、立ち去り難い、名残惜しいのが伝わるよう。ふたりは口に出さない。大人なふたりの決心をそっと見守りたい。
  • 絵が綺麗で読み始めましたが、とても読みやすくストーリーが好きです!!
    本屋さんで見てる本は『すてきな三にんぐみ」ですか?!凄く好きな絵本なので登場して嬉しいです。
  • 久慈と吾妻の関係が男女の夫婦と違って、夫夫みたいです。普段のお互いの会話、生活がとても良いです。男友達、親友のような、恋愛のような、またそれとは違う2人の関係がとても良くて、息がぴったりあって、羨ましい感じがあります。
  • 今深夜にこれ読んでる。一巻の続きやっと見つけた。それからノンストップで最新話まで読んだ。久慈かっこいいなー。話もおもしろい。
  • 生活のリアルさとふたりの距離感がめちゃくちゃ良いです
  • 大人の恋愛が、読んでいてとてもしっくりくる。日常も仕事も家族も、大事にしたい思い出も、辛い経験も、色んな事が重なってくるのが大人で、それを全部ひっくるめるて、お互いに寄り添う。
    そうそう、これだよね。
    徐々に関係が深まっていく2人をずっと見ていたい。

    こちらで読んでから、単行本を手にしました!続き楽しみしています!
  • 大好きな作品です。繰り返し読んでも全く飽きることなく、リアルで繊細な描写に引き込まれます。
    続きが気になるところですが、それよりも長くじっくり読みたい気持ちになります。
  • 毎回読む度に、この作品への「好き」が更新されます❤︎
  • めっちゃ好きです!
  • 大人の男の色香がヤバい!先生の著作は全巻制覇しましたがこの二人は最強です。続きが気になる!
  • 優しい。大好き。穏やかな気持ちになれる物語。今後も楽しみにしています。
  • あーなんだかとてもいいです
  • 今回もすごく素敵でした。
    ふたりと家族の築いた関係性が明らかになるにつれ、どちらか一方からの支えであったものが両支えとなって均衡が保たれていくように感じます。よくも悪くも留まらず進まない関係にますますドキドキするばかりです。
    風景の描写がとても美しくて、自然が作る光と影が言葉に表されない細やかな感情の機微を写し取っているようでした。
  • お父さんが訳した本を読んでくれたのは今のさくちゃんと同い年くらいの頃でしょうか。
    言葉でつながってる、にぐっときました。
    ホットケーキのエピソード。ご両親もお姉さんも愛情いっぱい。なんて温かい家庭で育ったんでしょう。愛された記憶の貯金があるのは強いです。
    久慈さんはハンサム情報、お姉さんにすぐ届きそうですね。
    ありがとが心にストンと落ちてきました。
    次回も楽しみにしています。
  • 第8話も最高すぎます…!
  • おっとな〜!な2人の心のうちがじわーっと感じられてたまらない。
    かもめ先生の描くキャラクターたちの心理描写がとても好きです。
  • 今回も素敵でした
    もう2人の空気感が伝わりまくりです
  • 読ませていただきました。話と絵の雰囲気が私のツボです。
    単行本買わせていただきます!素敵な作品に出会えて嬉しいです。
  • 1巻を購入して今更こちらで続きを読めることに気がつきました(笑) 嬉しいです
    お話も絵も空気感も何もかもが好きで
    1巻はすでに何回読み返しているかわからないくらい読ませていただいています
    自分と年齢が近いふたりだからか気持ちがわかるところも多く、久慈のお父さんのお話では涙が出ました
    先生の作品のキスシーンがとてもエモーショナルで…すごく好きです
    恋ヶ窪…も大好きです
    すっかりかもめ先生のファンになってしまいました
    続き楽しみにしています(о´∀`о)
  • コミックス買いました(*^^*)
    続きが読めるって知ってなんども繰り返して読んでまた続きを楽しみにしています。
    クールな久慈くん。兄と弟ってそれぞれに傷を持ってとか、吾妻くんのピンチにサッと車出して山梨行くとか、吾妻くんの思い出の絵本とか。
    2人がどんなカタチで納まるのか納まらないのか。楽しみです~♡
    波真田かもめ先生、これからも頑張ってください。
  • 1巻購入しました!先生のお話の空気感や絵が凄く好きです。今、色々読破中です。続きもまた楽しみにしてます!
  • かもめ先生。
    続編楽しみに読ませていただいています。
    二人のゆっくりとした大人な関係にすっごい萌えます。「キスしてやろうか」も本当はキスして欲しかったのかな。とか思いました。そしてその後、久慈くんから玄関でキスしてくるとかも、ステキすぎます。
  • 優しくて大人っぽいのに可愛くてエモーショナル。とても感性が豊かでセンスが良い〜

    一巻は再会したことで2人の止まっていた時間がゆっくり動き出して、お互いの存在が救いになっていく、作中の言葉を借りるならまさに雪解けという感じ。
    これから2人でどんな未来にむかっていくのか続きが楽しみです。
    7話、先生お気に入りのコマのふにゃふにゃ朔ちゃんが可愛すぎる!
  • 1巻購入しました!
    同じ一軒家でも、都会の若い家主の久慈家とは違う山梨の家の描写がリアルでした。
    重い訪問も、2人なら救われますね…さらっと車を出せる久慈ステキでした!
  • 7話拝読しました。扉とラストのコマがついに久慈くんのおうちを飛び出しましたね。
    コップの汚れに分かる、分かると頷き、キスしたかったのはどっち?! とニマニマし、ご両親のことも知られて、探し求めてた本と再会できたのに胸がいっぱいになりました。
    お姉さんの電話を久慈くんの家で受け取ったこと、ふたりで駆けつけたこと。掃除中に本を見つけたこと。全部繋がっていたんですね。
    嬉しいときも落ち込んでるときもふたり一緒にいてほしいなと改めて思いました。
  • 毎話楽しみにしております。
    2人の会話やしぐさがお互いにどんどん馴染んでいく感じがたまりません。
    大人の落ち着いた時間の流れ、年老いてく親に対する感情。
    かもめ先生の作品を読み終わるたびに、好きだなぁと毎回ニヤニヤしてしまいます。
  • うぅー、好きだー!
    この空気感がたまらない〜。
    しっとり大人の雰囲気を保ちながらストーリーが展開していく、この心地よさ。
    キスして欲しかったのは朔太郎のほうだったんだね。久慈がまた、いいタイミングでぇ〜。好き。
  • もう好き…本当に好きです…(ノ∀`)
  • 波真田かもめ先生の作品は読んでて優しい気持ちになるのでとても好きです!
  • 本当に好きです。
    かもめ先生の描く大人の魅力が溢れてます。
  • 好きです。6話読みました。
    お兄さんも久慈も子供ってなんていじらしいんだろうと思いながら読みました。そして吾妻はいい男だ。
    続きが楽しみです。
  • 1巻読みました!めちゃめちゃ続きが気になって!2人には、このお家で幸せになってほしいなあ~。これからも応援しています。2巻待ち遠しいです。
  • 1巻読んだあと、続きが読みたくてこちらを見ました。すごく良いです。それぞれの気持ちの動きが絵と共にとても伝わってきて感動します。これからも楽しみにしてます。
  • いつもストーリに奥深さが出る特殊な仕事の話がちょこちょこ入ってて楽しいです。
    受けがいつもかわいい性格でほわーとします!
  • 単行本発行おめでとうございます。お話がとても沁みたので、先生のTwitterからこちらの最新話を拝見しました。今後のふたりに幸多かれ。暑い日が続きます、お身体ご自愛くださいませ。
  • 先生のお話はどれも心に刺さるけど、これはダントツ
  • 単行本を購入後、無料で読めると知りQRコードから飛んできました。しかもちょうど続きから…。無料で公開なんていいのでしょうか!?ありがとうございます。

    思わず自分の事とも照らし合わせてしまうような人生の1シーンで読んでいて色々な気持ちが呼び起こされました。
    6話で兄の登場により更にこの先少し寂しいことが起こるのでは?と今からハラハラしています。
    親が死んで、遺品を整理して、家を処分するなんて人生において通過することなのかもしれないけどその時はやっぱり寂しい気持ちになりますね。
    人生におけるそんな少し寂しい時に久慈のそばに吾妻がいてくれたらなと思います。
    続きも楽しみにしています!
  • コミックス1巻を購入しました。静かにゆっくりと時間が流れていく感じがとても好みです。波真田先生のコメントにあったようにラブとライフが物語を深いものにしていて引き込まれました。素直になれない二人の距離が少しずつ縮まってきてこれからの展開が楽しみです。
  • ふたりの距離感・空気が好きです!
  • 先生の漫画、大好きです♬︎♡
    新刊出る度に、心臓跳ねます!!
    今回も大人の恋って感じで素敵です!
    これからもお身体に気をつけて、頑張って下さい( ¨̮ )
  • もっとこっちきてのところで涙が出ました。何と言うか、人は誰しも人恋しくて、でもままならないことが多いけど、一瞬でもこうやって寄り添い合える人がいる光景が切なかったです。かもめ先生の作品はどれも好きで読んでますが、これは近年稀に見る切なさマックスなお話で大好きです。
  • 単行本予約しました。何度でも読み返したい作品です。
    社会人としての経験も充分で年齢的にも大人の二人だけど、お互い時が止まっているような二人。
    これから二人はどんな風に進んでいくのか楽しみです。
    お父さんの家は壊して欲しくないです。二人でずっと一緒に暮らして欲しいと願っています。
  • お父様は子どもへの接し方が分からない不器用な方だったのかもしれませんね。奥様を亡くしてからは尚更。
    “何故、どうして”とお兄さんが吐露してるのを見ると胸が苦しくなりました。弟には関心あると感じてたのかな。同じ場面で久慈くんは顔を曇らせていたのに。
    反面教師で娘さんのことはめちゃくちゃ褒めて育てているんだろうな。

    久慈くん今回髪に白いものが混じってる?
    MR時代の朔太郎の優しさ。今も。
    お互いの優しさに触れて6話目にしてそうだったのねーと微笑んでしまいました。
    赤面もせず、うけると返せる朔太郎。この関係いいな。ずっと見ていたい。
    波真田先生、素敵な作品と楽しい時間をありがとうございます。単行本を手にするのを楽しみにしています。
  • ううぅ、好き。もぅ、ほんと好き。
    なんですか、このしっとり感。
    久慈の過去、久慈が感じていた父親の態度と、兄が感じていた父親の態度がまるきり違ってて切ない。
    なんとも不器用なお父さんだったんだなあ。
    波真田先生の作品は全部好き。間違いなくこの作品も大切な作品になるなあ。
    1巻予約済みだけど、早く届かないかなあ。
    今後も楽しみにしています!
  • はじめまして、こんばんは。
    Twitterの投稿からここへきました。
    2人の言葉少なめのやり取りが、とても切なく、そしてとても色っぽくて、この物語の虜になりました。
    素敵な作品をありがとうございます。紙での発売、待ち遠しいです!
  • 温度と湿度の感じられる表現と生活の実感があるストーリーの中に、どんな性格でも必ず可愛げのある人物たちが息づいていて、先生の作品には本当に引き込まれます。

    登場人物紹介文、誰が書いてらっしゃるのでしょうか??久慈くんの読む度にフフッとなってしまいます。
  • 極上の映画を見ているようです。
  • 2人の日常の会話を読んでいたい…
  • 丁寧な日常の描写のなかで二人の距離が近くなっていくのが素晴らしいです。
    次の更新も楽しみですが物語が終盤なのは寂しいです。
    何度も読み返したいので単行本化もお願いしたす。
  • 毎回楽しみに読ませていただいております。
    たくさんお伝えしたいことはあるのですが、とりあえず早くコミック発売して欲しいです!
    絶対買います!!
  • お名前は存じておりましたが、こんな素敵な作品を書く先生だったとは!
    ぶっ飛んだ世界感よりもこういった現実味のある、心にじっと染み込むような作品が大好きです。
    一日も早く単行本化して欲しいです。
  • 今回の元同僚っ形も凄く萌えます〜。じわじわ近づく2人の距離感と心理描写、かもめ先生の引き出しは一体いくつあるんだろう?と毎回楽しく読んでます!
  • かもめ先生の作品の中で一番好きです。
    単行本の発売も楽しみです。
    二人が幸せになりますように!
  • ふたりの過去から今へのあれやこれ。
    ふたりの気持ちのあれやこれ。
    タバコの煙にまかれるような情事。
    きっと、思いが一緒のようなのに
    雨に気持ちを隠して。
    これから晴れたふたりの続きを早く観たいです。

    出来れば1話から続いて観たい!!!!!!
  • 久慈くんのお父さま、息子さんが翻訳の仕事を継いでくれて、さいごまで家で看てくれて、濃密な時間を過ごしたのですね。

    その日々のなか、一瞬たりとも忘れたことがない…と呟いていた朔太郎くんのこと。あの頃は、今は、どう思ってるのか。
    あの電話は、お兄さんの来訪は。
    朔太郎くんが舞い戻ってくれたあの夜、ひとりじゃなくて良かった。
    ふたりはこの先どんな関係を築くのか。何処で、どんな風に? 今後の展開を楽しみにしています。
  • 更新心待ちにしていました!家族の心配事も出始める年代、生活感が胸に来るお話でした。お互い父親への想いが重なるように、二人がかけがえのない存在になりますように…
  • 最高でした!!!
  • 空気感がとても良くて、2人の関係がなんだかとても素敵です
    続きが早く読みたいです
  • 5話は自分の介護経験も思い出し、色々考えるお話でした。
    お手伝いさんなどもいるとしても久慈さん1人で大変だったのではと思います。
    後半はとても色っぽかったです…!熱が伝わってきました!
  • 大人のしっとりした感じが、時間の流れが素敵です。
    先生の世界観が堪らなく好きです。
  • うぉぉ、おとな〜!
    大人な2人のしっとりとした夏の夜。
    久慈の過去がまたたまらなく現実的で。
    そんな久慈が心に抱えている何かに気づいて、邪魔にならないように声をかける、この展開、好き。
    2人の今後、ずっと見ていたい。早く久慈がデレてるところが見たいです!
  • かもめ先生、5話もすごくすごく良かったです!
    仕事の休憩中に読んでますが、途中涙が溢れてヤバかったです。
    ホントにホントに良かったです!
    素敵なお話、ありがとうございました!
  • 先生の描くストーリーの空気感がとても好きです!!心情描写が丁寧で気づいたらのめり込んで読んでしまってます。
    最後のキスシーン!!とても良いです。。。
  • 2人の距離かわじわじわと近づいていく様が、読み手側にはドキドキになっていくのがたまりません。
    これからの展開も楽しみです。
  • 二人の関係がとても好きです。応援してます。
  • ストーリーが進む毎にキャラクターのバックボーンが見えてきて…続きがたのしみすぎる!
  • 表紙が素敵だなと思い読み始めたのですが、落ち着いた雰囲気に人生の岐路やしがらみ、人の弱さや優しさが詰め込まれており、年齢を重ねた私は読んでいてスッと心に沁みるお話だと感じました。住んでいる家も情緒的でそれを物語っていますね。
    人生ってすんなり行く事ばかりではないし通じ合える人と出会えるなんて奇跡かもしれません。そんな所も描かれる、読み返したくなる作品だと思います。素敵なお話をありがとうございます。
    長く続いてほしい。今後も深みある展開をお待ちしています。
  • はぁ_(:3 」∠)_もう素敵です。絵も風景も漂う感じも2人も全部全部
  • どっちもエリートだったって言うのがっっっ最高
  • 最高過ぎます
  • 大人の色気がかっこいいです。
    タバコを吸う仕草が最高です。
  • タバコを吸う横顔が堪らなく好きです!!!最後のキスも最高でした!!!
  • どういう流れでこの作品を見つけたか覚えていないのですが画が好みで読んでみたら続きがとても気になりました。
    今後の展開楽しみにしています。
  • 電話で何があったのか私の想像力だとわからないですが、最後のキス好きです。
    応援しています。
  • かもめ先生。
    先生の作品大好きなんですが、この作品も素敵すぎてどーしましょう。世界観と言うか空気感と言うか、しっとりだけどアダルティで2人のちょっとずつ変化していく感がまたエロくて。
    私の語彙力では表現しきれない。
    何度も読み返してみたくなる作品ってなかなか出会えないのに、かもめ先生の作品はいつもなんですよねー。今後の展開も楽しみですが、長く続いて欲しいですね。単行本化も楽しみに待ってます。
  • 今読み終わりました···‼️
    もうほんとに、なんて素敵な物語なんだろうって毎回毎回思います。
    夏をじんわり感じさせる、生ぬるい空気感が気持ちいい。
    ひとコマひとコマ丁寧に表情で魅せる所が好き。
    ふたりのなんとも言えないムズムズした気恥しさが、心地よく胸に響きます。
    久慈の静かな優しさに、吾妻の軽快な明るさがジワジワ滲むように入り込んでいって、何ががゆっくりと蕩けていっているのを感じます。
    最後のキスシーンがそれをまた綺麗に際立たせていて、この後の二人の関係の進展がどうなるのだろうとドキドキと期待せずにいられません。
    お父さんのお部屋も本がたくさんで、素敵だったなぁ···
  • いつも楽しみにしています。
    表情のひとつひとつが素敵です!
  • 何げない普通の生活の中での出来事だったり気持ちの動きだったりを丁寧に描いていく、かもめ先生の作品が大好きです。
    今回の作品も過去のことを少しずつ絡めながら現在の2人の気持ちの動きが伝わってきて穏やかな空間なのにドキドキします。
    これからの2人の距離感がさらに縮まっていく過程が楽しみです。
  • かもめ先生の世界観、高級住宅地にある瀟洒な戸建てで本とパソコンとたばこの煙。たまらなく好きです。
    今回久慈目線のこれまでに少し触れられていて、止まっていた久慈の家の空気と吾妻に持っていた気持ちが動き始めてることに気づいて、1話ではほとんど見られなかった久慈の人間味にこちらも気持ちが暖かくなりました。
    もうすでに何回も読み返しています。大好きです。
  • 一話から一気に読みました…!冒頭ページの久慈の家のショットを一眼見て「いいなぁ…好きだなぁ…この雰囲気…」て思いました。MRという職業…医療翻訳…と地頭が良い登場人物二人の様子をずっと眺めていいなぁ…って思いました。実は、波真田先生の作品を初めて読みまして…他の作品も読みたくなりました。
    魅力的な人物とその人の、生活する空間の様子も描かれてる、そのタッチがとても好きです。いいなぁ…と思います。コミック探しますね…!
    久慈と朔太郎の続きももちろん気になります!五話楽しみにしています。
    …ってやっぱりもう一度一話から読み返してきます……ww
  • ひゃーん!最後のキスめっちゃ良かったです〜!!!きゅ、きゅんきゅん〜!!!!!!
  • かもめ先生、こんにちは!
    hiyoです。

    前回までは、朔ちゃん、久慈さんに救われたねって思ってたけど、久慈さんも朔ちゃんに救われていたんだなぁ。と思いました。

    部屋が朔ちゃんに侵食されてるって、久慈さんの心は8年前のあの日の朔ちゃんが居たんだなって思いました。

    最後の玄関先でのキス、朔ちゃんの表情が切なかったです(T ^ T)

    5話、イケオジ同士の2人の関係、どう進んで行くのか、楽しみです。
    素敵なお話をありがとうございました!

    かもめ先生、大好きです❣️
  • 更新楽しみにしていました
    今回も面白かったです
    早く単行本で一気読みしたいです
  • この分野の歴が浅くようやくかもめ先生に辿り着き作品を読みまくってます。今作もいいですね。好き。
    私事ですが家族の病気で落ち込んで、こうやって作品を読んで癒されて明日も頑張るかとリフレッシュされてます。
    続きも楽しみにしてますね。
  • いい大人同士の恋愛いいですね…!
    お互い今の人生をゆったり楽しんでいるので、大人の余裕を感じられてドキドキがとまりません。
    素敵なお家にいる2人を垣間見ているようなアングルが素敵です。
    続きが楽しみです!次の更新楽しみにしています(*^▽^*)
  • 本当に本当に素敵です。
    ゆっくり時が流れているようなシーン展開が
    、季節や自然の空気が感じられて読んでいてものすごく心地いいです。
    かもめ先生の作品はどれもそういう凛とした緊張感が綺麗で気持ちいいです。
    久慈の大人な雰囲気と、人生に達観している感じでも無邪気さもある吾妻との言葉のやり取り、煙草のくゆる感じ···
    元気な環くんも加わってこれからどうなるのか、3話読んだばかりなのにこの先が気になります。
  • 環くんの名前が好き。そっくりで可愛い。
    久慈くんはお料理上手(お弁当まで!)。
    接待に吹き出す。

    朔ちゃんがお父さんに読んでもらった児童書。すごく大事な思い出。子どもの頃の思い出話は懐かしく愛おしくずうっと聞いていたくなる。
    3話まで読んで、久慈くんは面倒見が良いと思いました。甘やかさない。だけど優しい。

    波真田かもめ先生の、移ろう季節、天気の描写が大大大好きです。ふたりが一緒に夏の入道雲、秋の夕焼け空、冬の星空を見られますように。
  • 時に淡々とした視線で語られるトーンが好きです。置いてかれることもなく、そして先を予想する暇もないくらいに登場人物と同じテンポで物語をなぞっているような、いつも心地いい読後感を味わって幸せになってます。これからも楽しみにしてます!
  • 3話ありがとうございました!甥っ子環くんいい子でかわいかったです。なんか2人の距離が近づいてきて仕事のパートナーとしてもうまくいってる感じですが…。どうなるのかな…。続きを楽しみにしています!
  • 今いちばん更新が待ち遠しい作品です!
    環くんが素直でかわいくて癒されました。
    周りを見て自分だけが進んでいないと思う気持ち、すごくよくわかります。休む場所を与えられるのは幸せなことだろうなと感じます。
  • 何とも言えないゆったりと流れる2人の時間がとても癖になります。心身ともに落ち着いた大人の付き合いにみえるけど、心の中では2人とも何か燻ってるものがあるのかな。なんとなく分かり合えてる感じもして2人の今後が気になります。これからも楽しみです。
  • 先生の大ファンになりました。
    きっかけは、この作品「スモークブルーの雨のち晴れ」です。登場人物はもちろんのこと、ストーリーや世界観、背景、カラーまで全て私の中に入ってきて浸っています。
    続きが待ち遠しきてたまりません。
    他の作品も大人買いしてきます。
  • はぁ〜、素敵!!大人な2人が、しっとりした雰囲気が、もぅたまらん!!!
    大人っぽい絵柄もほんと素敵。
    ここにきて、甥っ子たまきくんがこれまた可愛くて、いいキャラぶっこんできますね〜。
    波真田先生の描くストーリーほんとスキ!
    続きを楽しみに待ちます!
  • 気だるげな関係に見えつつ二人とも奥底には燻ったお互いへの熱が感じられてドキドキします。
    続きが楽しみです。
  • かもめ先生……!!
    色っぽくて頭のきれる男同士の駆け引きめいたやり取りにずっとドキドキしています。これまでの作品の中でも特に好きな物語になりそうでこれからがとてもとても楽しみです!!
  • 今までの作者さまの作品も好きですが、今回の話はさらに好きです。久慈さんの色気がすごいです。続きを楽しみにしてます!
  • うーん、素晴らしい!
    1話から更に興奮が高鳴りました。
    かもめ先生の引出しの多さに唸りますね。
    医療翻訳めちゃくちゃ難しそう。ドイツ語も必要です?
    ハイスペなゲイリーマンがちょっと疲れてる色気も素敵。
    車椅子と在宅希望・・・伏線が気になります。
    3話、楽しみです!
  • 楽しみです!
  • 1話に続きおもしろいです!
    絵もストーリーもキャラも好きです。
    無料で読ませて頂いていいのかしらと思っちゃいます。
    続き楽しみにしています。
  • そこんじょそこらのBL本にときめかなくなり、腐女子卒業かなと思っていたのですが、見知ったお名前をピクシブコミックで見かけて読み、……久々にコミックフルールサイトへ飛んできました。思わず……思わず。指が、勝手に。再熱しました。単行本をさがして今、勢いでコメントを書いています。応援コメントとは。すみません。やっぱりかもめ先生の絵もストーリーも大好きで大好きで仕方ないです。これだからBLはやめられない。男らしくてドえっちで美しくて格好よくてちょっとダメな可愛い男×男、大好き。そして、この世界観、背景の美麗さ……!波真田かもめワールド……!!一方的にお慕いしております、大好きです!(大声)

    BL世界へ、優しく手を引かれて連れ戻され、気づけば強引にその場で首輪をつけられた感じです。悪くない。むしろ良い。最高。
    本当にありがとうございます。久々の胸の昂り……!この感謝を伝えにきました。


    発売、待ちきれません……(;ω;)
    我が本棚に、波真田かもめ先生の作品が追加される日を心待ちにしております。

    長文失礼しました。続きを楽しみに、首を長くしてお待ちしております。
  • 2話、読ませていただきました。
    今回も久慈くんの格好良さ、ハンパなかったです。落ち着き、仕草、言動、佇まいからカッコいい…。比較して吾妻くんが幼く見えるほどに。

    少しずつ久慈くんの過去が出てきそうで、これからの展開を楽しみにしています。
  • 好きです!大好きです!めっちゃ好き!
    単行本絶対買います~!
  • めちゃくちゃアダルティですねぇ。煙草吸うシーンの色気が堪りません。それから久慈くんの家が素敵で背景もつい見入ってしまいます。在宅の仕事を選んだ理由やスロープ・車椅子が家にある経緯などこれからの紐解かれると思いますが、今後の展開がとても楽しみです。
  • 空気感がすごく好き!
    あの車椅子が気になる‥
  • いつも先生の作品拝見してます。次の話まで、待ちきれない!!続きが凄く気になります。
  • 久慈くんの素敵なおうちの中でライバル心燃やしながら翻訳に励むサクちゃん、頑張れ!!
    あの車椅子はご家族のかな、それとも恋人の? などと想像してます。
    カラー扉のソファが滅茶苦茶好きなんですが、そこであんなことしてるので目のやり場に困ってしまいました。会話が、駆け引きが、大人なんだもの。最後のセリフにドキッとします。サクちゃんに代わり、どういう意味? と訊きたいです!
  • 絵もストーリーもとても好きです。毎回思いながら読ませていただいてるのですが、お家とか風景とかもホントに素敵です。2人の先を楽しみに読ませていただきます。
  • ううう、最高です単行本出ますよね??早く欲しいです、うううう、すでに最高過ぎて、、、、、、泣けます、、、、ううう、
  • ひゃ〜!素敵ぃ〜!!!
    大人の雰囲気と2人のキャラ設定がたまらなくツボ!
    波真田先生の描く世界、ほんとに好きすぎる!
    早く、早く、続きが読みたいです!
  • 新しいお話ありがとうございます。
    かつてのライバル良きです!
    黒髪長髪好きです。
    どちらも色気があって、過去が気になる大人たちのお話楽しみにしています。
  • まず表紙に惹かれましたが、本文も絵が綺麗で、ストーリーも素敵で、とっても良かったです。続き楽しみです。
  • 凄くタイプです。
  • こんな素敵な作品を無料で読めてしまってよいのでしょうか…。2話がとても楽しみです!!
  • 波真田かもめ先生の作品は、どれもほっこりと軽快で毎回ワクワクしながら読んでおります。今回のは一軒家がツボです。こういうのが大好きで画面に広がる小洒落た感じがたまりません。そしてきっちりリーマン系がワイルド系になって登場したら最強です。今から単行本が待ち遠しいです(^_^)
  • 雰囲気にとりこになりました!早く次の話が読みたいです!
  • かもめ先生の絵、大好きです!まず絵でどうしようもなく読みたくなる!
    そしてお話にぐいぐい引かれ、読まされて次が待ち遠しい…
    久慈の言動、佇まいがイケメンすぎて素敵です!吾妻は、MR時代から今の変化の理由が気になるし、タイトルもまだ謎。これからが楽しみです!
  • かもめ先生の絵、大好きです!まず絵でどうしようもなく読みたくなる!
    そしてお話にぐいぐい引かれ、読まされて次が待ち遠しい…
    久慈の言動、佇まいがイケメンすぎて素敵です!吾妻は、MR時代から今の変化の理由が気になるし、タイトルもまだ謎。これからが楽しみです!
  • あーあーめちゃくちゃいいですこの感じー
    続きが楽しみすぎます!
  • も~~~好きすぎる1話でした。かもめ先生の作品どれも好きですが、今作は程よくアダルトな雰囲気で素晴らしい…大好き…ってなりました。
    元ライバルな二人の関係性も好きすぎます…。扉のいい感じな人生のプランB、というアオリもすごく好きです…。好きしかない…。
    もうすでに単行本が楽しみなのですがひとまず2話を楽しみにしています…!
  • 早く続きが読みたいです!!
  • すごく気になる始まり。久慈さんの変わりっぷりが大好きビジュアルで、のめり込んで読んじゃいました。
  • かもめ先生の書く人物像が大好き。本当に魅力的なんだよなー
    早く続きみたい。
    本当に先生の作品が好き。
  • おもしろかったです!続きが楽しみです〜♪
  • 名作の予感に震えてます!同期でライバルででも会社はやめて新たな関係が築かれそうなこの雰囲気~!!もう早く次が読みたいです!
  • かもめ先生、お疲れ様です!
    MRさんのBLなんて!素敵すぎます!他の会社同士でも皆さんエリアが一緒だと仲がいいみたいで笑 身近で見ている腐女子としては嬉しいです〜

    はじめのページの吾妻くんの表情の3コマ…どんどん気力がなくなる様子わかりました…
    なにが、吾妻くんを苦しめたのか…
    そして久慈くんかっこいい!!2人とも今は髪の毛が長めで色気があってめちゃくちゃ好きです!
    早く続き読みたいです!楽しみにしています!
  • 先生の描くキャラクターもストーリーもとても好きでいつも私のツボです。続きが気になります。楽しみにしています。
  • あぁ…もうリズムの良い展開にドキドキしっぱなしです!
    黒髪攻めのミステリアスな感じにとても惹かれます
    これからどういう風に2人の距離が近付いていくのか期待いっぱいです
    かもめ先生のベッドシーン臨場感があってエロくて大好きです♡
  • わー!なにこれすごい!1話目からドキドキする!再会もの好きだから既に2話目が読みたくてわくわくしてる~2人とも雰囲気好み…
  • とてもとても好みすぎます!!
    続きとても楽しみにしています☺︎
  • 先生の導入部分、いつもワクワクさせられてます。
    今作も楽しみにしております。
  • 黒髪セミのイケメンに惹かれて読み始めたら…早く続きが読みたい!!
    面白いです
  • かもめ先生こんにちは。
    先生の描く絵のタッチ、ストーリー、凄く好きです。
    何回読み直しても、ドキドキがとまらなかったり、クスやニヤッがあったり…。今回も私の好きなかもめワールドが沢山読めそうで嬉しいです。
    これからも頑張ってください。
  • やばいです。次が楽しみすぎる。

    先生の描く日常の風景や雰囲気や、登場人物の心の動きが、キュンキュン来るのです。
    読んだ後の、心に残る何とも言えない感情を持て余してしまう状態が、消化不良の様だけど、
    それがまたいいのです。

    次も楽しみにしています。
  • 波真田かもめ先生へ
    「スモークブルーの雨のち晴れ」めちゃくちゃ続きが気になりますー!!アラフォー、元同期…良いですね!長髪攻めも大好きです!!最高です!!無料で読めてしまっていいのでしょうか!!続きを楽しみにしています!
  • え、すき雰囲気が絵もつづきが気になる
  • 受け様も攻め様も顔よし展開よしでめちゃくちゃ好きになりました
  • うわぁ〜、ワケありな2人の新しい始まりの予感…
    すっごくドキドキして続きがとっても気になります!かもめ先生の言葉の選びがホントに大好きです。また私のかもめコレクションが増えちゃいます笑
  • 波真田先生の新連載とても嬉しいです*
    続きがとても楽しみです!!(*´꒳`*)
  • なんですかぁ!!!もうめちゃめちゃ、良いですよ〜!すき、すき、大好き!!
    波真田先生のファンですが、わりと若い子の話が多いので、この年代の2人は超絶カッコよくていいです〜!
    はぁ、すでに単行本で読みたい!紙でも欲しい!!!
    早く続きが読みたいです!
  • また楽しみが出来て嬉しいです。
  • スモークブルーという色があるのですね。表紙の色なんですね。少し霞んだブルーが似合う年齢な2人。でも人生には、雨の時もあれば、晴れの日もあるように、この2人の再会がきっかけで、晴れが増えてくれるといいな。